「第一印象は3秒で決まる!」NG言動と良く見せるテクニックとは?

新しい恋愛をしたい時には友達に男性を紹介してもらったり、合コンに参加したり、アプリを初めてみたりとたくさんの出会いの場に積極的になりますよね。

そんな時にはしっかりと第一印象というものを意識していますでしょうか?

実は第一印象で感じた記憶って潜在的に2年も残るんです!そのため彼氏をゲットするために第一印象を良く見せるのは必須条件!

男性から見た、第一印象良い女性特徴をご紹介します。

つまり、一度印象が悪くなってしまったら損!第一印象を悪くするNG行動も一緒にチェックしていきましょう!

第一印象を悪くしてしまうNG行動チェック!

・腕を組む/足を組む

足を組む
出典:shutterstock


腕や足を組むのは、自分を守りたい気持ちの表れ。

見た目としても偉そうに見えるので良いことはありません。

クセになっている人は会話中につい出てしまわないよう気をつけましょう。

・腕や手を動かす。

落ち着きがない様子だと、苛立ちや緊張、下品さを感じる原因になります。

手を置く場所は固定させて、身体を揺らしたりせずに話をしましょう。

貧乏ゆすりは特にNGです。

・高いテンション

明るい人だと思われるために、妙に笑ったり、強弱をつけて話したりするのは辞めましょう。

感情的で一緒にいると疲れる人だというイメージを持たれることも。テンションを上げるのはもう少し仲良くなってからで良いでしょう。

・ボディタッチをする

ボディタッチ
出典:shutterstock


初対面で慣れ慣れしい程度をとるのは避けた方が無難。

仕事における握手は別ですが、身体に触れるのは人によっては不快に感じることがあります。

・猫背になる

丸まった背中は自信がなく、暗い印象に。

姿勢を正すだけでポジティブな態度を示すことができますよ。

上品に見えるよう足をしっかり揃えることも意識してみてください。

・営業スマイル

営業スマイル
出典:shutterstock


にっこり笑顔は良いのですが、口角だけを上げた営業スマイルでは逆効果。

目が笑っていないと本心が分からないという印象を抱かれてしまいます。

自然な笑顔になるように心がけましょう。

・目を見開く

目を見開く
出典:shutterstock


可愛く見せようと目を大きく開くのも逆効果です。

目力がある=好感度というわけではないのでご注意を。

初対面であればじっと見つめず、時々アイコンタクトをとる程度が適切です。

・早口で話す

早口でべらべらと話すのはNG。

威圧感を与えてしまいます。相手のトーンやペースに合わせて、落ち着いて話すようにしましょう。

緊張すると早口になってしまうことも多いので、初対面だけはいつもよりゆっくり話すよう心掛けてみて。

第一印象が良い女性の特徴はこれ!

目があった瞬間の微笑み

目があった瞬間の微笑み
出典:shutterstock


メラビアンの法則というものでは、第一印象は3〜5秒で決まると言われています。

それに印象の半分以上は視覚から情報を取り入れていると言われているため、はじめましての瞬間ってとっても重要なものなんですよね。

なので初対面の人と会う時には笑顔、または微笑むことを意識することを忘れずに!

なんせ第一印象では視覚から55%の情報を得ていると言われています。そのくらい目から入る情報って大きいんですね、意識必須!

目に見える部分の清潔感

目に見える部分の清潔感
出典:shutterstock


初対面では内面がまったく見えないため清潔感を出し女性らしさを演出することも欠かせません。

服装は異性に会うためきちんと意識されているでしょう。ではカバンの中身の整理や手や顔のケアはしっかりとできていますか?

荷物が多すぎたり、カバンの中身がごちゃごちゃしてるのが見えてしまうとだらしないと思われてしまい印象を下げてしまいます。

肌の乾燥加減や手をよく見る男性も多いため、肌のケアもしっかりとしておきたいところですね。

どちらにしても初対面の人と会う予定があるときは、足先まで身なりを整えるのがベストです。

話の速さや話し口調

話の速さや話し口調
出典:shutterstock


同じ言葉を発しても、声のトーンや話し方で印象は変わるもの。普段から意識をしていないと根本的に変えるのは難しいことですが、初対面の人との挨拶をする時だけ意識をしてみるのも良いと思います。

印象の良い声のトーンは「ソ」の音だそうです。心の中で、「ド レ ミ ファ ソ」と唱えて、音程を探してから、そのトーンで挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

「はじめまして!」というときには女性らしく声は高めで、少しゆっくりめに聞こえやすい速さで発言するのがいいでしょう。