1つでもあれば諦めて!付き合わない方がいい男性の特徴6つ

関係がイイカンジの男性がいるけれどこの人と付き合って大丈夫なのかな?

と不安になることってありませんか?

特に出会ってから急接近した場合は相手のことを深くは知らないしからどうするべきか困ってしまいますよね。

でも恋はタイミングが大切なのでゆっくり考えていてはせっかくの恋を逃してしまうかもしれません!

そこで、今回はこれに当てはまると付き合わない方がいいという残念な男性特徴をご紹介します。

付き合っても上手く行きづらい男の特徴

ギャンブラー


パチンコ、競馬、競輪、競艇とギャンブルの中にもいろんな種類があります。男性であればギャンブルが好きな人も多いので全ての人が付き合うべきでない対象なわけではありませんが全てのギャンブルに手を出している人には注意しましょう。

金の切れ目は縁の切れ目というようにお金は時に大きな問題を起こします。お付き合いする前にシャンブルをするのかは確かめておくべきです。

趣味程度で少し遊んでいるというくらいなら問題なしですが、しっかりハマってしまっている人であれば考えなおした方が良いですね。

自分の話ばかりする


人の話は耳に入れず、自分の話ばかりしている人も危険です。

聞き上手な人であれば「たくさん話してくれたほうがいい!」と思うかもしれませんが、そのような男性は喧嘩や話し合いでも自分の意見を通そうとしてこちらの意見を聞き入れてくれない可能性がります。

楽しませようとたくさん話してくれる人はいいですが、自分から話してみて真剣に話を聞いてくれる人であるかは確認しておいた方がいいでしょう。

SEXの相性が悪い


これから長くお付き合いする相手だというのにSEXの相性が悪いというのは大問題ですよね。

SEXの相性の悪さで別れを選ぶカップルはたくさんいます。それくらいコミュニケーションとしても大切なことだということですよね。

そのため、付き合って失敗しないように付き合う前に一夜過ごして確かめて見るのはアリでしょう。

ただし、ほぼ確実に付き合うことが確定されている場合にしか確かめるべきではないです。だれかれ構わず付き合う前に関係を持つことだけはやめましょうね。

付き合い始めて冷たくなる男の特徴

理性よりも、感情が優先


仕事や大学の課題などで忙しいのにも関わらず、「忙しいけど、会いたい気持ちが我慢できないから、もしよかったら会いたいな」というふうに、やるべきことよりも感情を優先する男性。こんな男性は要注意です。

このタイプの男性は、今関心があることのみを大切にして、他のことにはほとんど関心を持てないことが多いです。

そのため、付き合う前はあなたに夢中なのですが、付き合って以降、他のことに関心が沸くと、途端に冷たくなってしまうおそれがあります。

ちょっとやりすぎなアプローチ


マメに連絡をとったり、常にあなたのことを気遣ったり、あなたのしたいタイミングに合わせていつも電話をしてくれたり、このような、抜け目ないアプローチをする男性は、付き合ってから急に冷たくなりがちです。

このタイプの男性は、恋人をつくること自体が目的になっており、彼女ができた瞬間にゴールを迎え、急に冷めてしまうのです。

簡単にふたりの未来を語る


付き合っていない友達の関係のうえに、お互いにまだよく知らないのにもかかわらず、ちょっと考え方に似ているところがあるだけで「俺たち絶対気が合うよね」「けっこう俺の理想のタイプだわ。将来こういう人と結婚したいなー」なんて簡単に言ってしまう男性。超要注意人物です。

女性は共感して欲しい生き物だ、という心理を巧みに使い、具体性のないぼんやりしたことを語り、あなたの懐に入ろうとしています。

付き合ったとしても長く付き合う気はなく、体目当ての場合もあります。