「舌磨き、忘れずに」セックスは唾液のニオイが明暗を分ける!?

セックス前に欠かさず歯磨きをしているという方は少なくありません。

時間的な余裕がある場合はほとんどの人がしていると言ってもいいでしょう。

ですが、それに関連して気が付きにくい注意点が存在しています。理解していれば恥をかかずに済みますから、是非最後までご覧になってください。

意外なぐらい臭ってしまう唾液


口の中にある時にはそれ程感じませんが、外側に出ると意外なくらい臭ってしまうのが唾液です。

セックスでは相手の身体を舐める行為が頻繁に行われます。

最初はそれ程感じなくても、時間が経ってある程度乾燥してくるとニオイがキツくなってくる事があります。

男性側も何となく分かっているものの、女の子に失礼だからという理由で、その事実については全く触れないケースが少なくありません。

イマイチよく分からないなんて方は、一度自分の手とか腕とか、どこでも構わないので自分自身で舐めてみてください。

その後に少し時間を置いてニオイを嗅いでみましょう。そうすると、こんなニオイなんだという事が分かるはずです。

対策として効果があるのは歯磨きです。

唾液のニオイは既に多くの人が知っていますから、それを緩和するためにしっかり歯を磨いているという方もいるでしょう。ですが、それだけでは十分とは言えません

歯磨きに加えて舌磨きをする


盲点なっているのはズバリ舌磨きです。

舌には舌苔と呼ばれる汚れが付着していますが、ここに意識が向いていない人は少なくありません。

歯に付いている歯垢の様な物で、これがあると唾液が臭くなりやすいですから、できるだけ取り除かなくてはいけません。

歯ブラシで擦っても取れますが、舌磨き専用の物がありますから、それを使っておいてもいいでしょう。

しっかりやっておく事によってほとんどニオイが気にならないレベルにまで持っていけます

舌苔があるかどうかは舌を見れば簡単に分かります。

何となく舌の色が白い、または黄色っぽい様な色をしていますから、その部分を取り除くようにしてください。

何で今まで気がつかなかったんだろう…という女の子がとても多いです。不快なニオイを感じさせずに済みますから、男性からの印象がより良いものへと変わっていきます。

いかがでしたか?

どれだけ見た目を良くしても、口の中が臭ければ大きなマイナスになってしまいます。

わざわざ歯医者に行く必要もなくて直ぐに取り組めますから、とてもやり易いです。

皆さんも舌磨きに早速トライしてみてください。