「演技の目的がヒドイ…」男がイクふりをする5つの理由。

セックス中の女性の演技はよく話題になりますが、男性はどうでしょう。

実は男性も、感じてるフリや射精するフリをします。

相手を気遣っての演技なら可愛げですが、男性の場合は他に目的があって演技する傾向が…

そこで今回は、演技をするヒドイ理由を5つピックアップします。

もっと上手にしてよアピール


フェラや騎乗位をしてあげているとき、男性が声を出して大袈裟に感じていたら、それは演技です。

女性が攻めているときに男性が演技するのは、女性のテクニックを不満に思っているから。

気持ちいいときは必要以上に演技する、気持ちくないときは何も言わないようにして、自分の性感帯を教えるのが目的です。

はっきり「ここを攻めて」とお願いすれば早い話ですが、恥じらって言い出せない男は演技でアピールします。

もっと奉仕させるため

気持ちよさそうにすればするほど女性は喜ぶ、そして気分が良くなった女性は、もっと気持ちよくなって欲しいと男性の要望に応えるでしょう。

この流れに味をしめた男性は「こんなの初めてだよ」といった演技で女性をおだてて、フェラやマッサージなど質の高い奉仕を受けようと試みます。

女性の機嫌とり


すぐ機嫌を損ねてしまう女性とのセックスでは「不機嫌になったら面倒だから」という理由で男性は演技します。

相手を傷つけない配慮ではなく、後になって色々とセックスのダメ出しをされるのが面倒だから、いっそのこと演技でごまかすのが狙いです。

はやく終わらせたかった


セックスの相手を間違えたときや、マンネリ中の彼女とのセックスで、早く終わりにするため演技を使います。

「気持ち良すぎて我慢できない」と言えば、本当はしたくないセックスを早く切り上げられるから。

男の中には、射精していないのにイったフリをして、セックスを終わられる大ウソつきもいます。

楽しくないときのムード作り

セックスが楽しめないとき、無理やりにでもムードを上げて、気持ちを高めるために演技することも。

相性が悪いと感じた女性とのセックスでも、せっかくなら気持ちよく射精したいと考えるのが男です。

セックスの途中で気持ちが萎えてしまっても、射精にこだわる男性は演技で自分自身をマインドコントロールします。


思いやりのある演技は素敵ですが、今回紹介した理由のように私利私欲のための演技だと、残念な気持ちになってしまいますよね。

女性にもあざとい演技をする方がいますが、男性の方がその傾向が強いので、騙されないように気をつけたいですね。