彼のあの仕草から本音を見抜く!?「微表情」の見方

人間は、驚いたときやウソをついているときなどに、その感情が微かに表情にあらわれます。

この「微表情」を読み取れば、彼氏の本音は丸わかり、たちまち恋愛上手なれるはず。



今回は、微表情のなかでも基本的なものをまとめてご紹介。

さらに見抜かれないための防御方法もお伝えしていきます。

早口でしゃべりだしたら?


彼氏が急に早口になったときは、なにかやましいことがあるか、ウソをついている可能性があります。

このような態度の変化は、微表情よりも対策しにくいため、表情をなかなか読ませてもらえない彼でも、無防備にあなたにさらけ出す可能性はかなり高いです。

会話をしながら相手の話しかたの変化に気を配るのは、なかなか大変です。

しかし、それ以上に、話す速度をコントロールするのは困難です。

頑張って話す速度に注目してみてください。きっと成果があがるはず。

なお、彼氏がもともと早口な場合は、このやりかたでは判断できません。

ちなみに、常に早口な人は、人に意見を言われるのが嫌いな人という……説もあります(学術的な根拠や統計データはありませんが)。

目をそらさないときは?


これは誰しも経験があると思いますが、実は、人間ってウソをつくときに限って、相手の目をじっと見るんですよね(汗)。

もちろん信じてほしいときや、本当のことを言っているときも、相手の目を見て話しますが、ただ、相手に問い詰められたときは別です。

たとえば、男性は「浮気をしているんでしょ?」と問い詰められたとき、無実だった場合はたいてい激怒します。

それから、疑いの目を向けたあなたに対して落胆し、その感情がやがて軽蔑へと変わります。

そんなときの男性は、相手の目を見て否定なんかしません。

あなたが号泣していた場合は、あなたをなぐさめるために、真正面から瞳をじっと見て否定するかもしれませんが、それ以外のときは、たいていは、ぷいっとそっぽを向いて、どこかへ行ってしまうのではないでしょうか。

つまり、目をそらさず誠意ある対応をした場合は、やましいことがあるか、ウソをついている可能性があるんです。

こういった態度は、無意識・無自覚に取ってしまうため、自制しにくい、つまり感情を読み取りやすい行動になります。

自分の服のエリや胸もとを触るのは?


もし話している相手が、こういった仕草をしているときは、彼はあなたに性的な魅力を感じています

難しい言葉でいえば、彼はこみあげてくる性的な衝動を抑えており。
平易な言葉でいえば、あなたとエッチしたいと思っています。

性欲には個人差がありますので、そこまで強烈な性衝動を抱いていない人もいるかもしれませんが、それでも、少なくともあなたに好意を抱いていることは確実です。

ちなみに男性は、この仕草や性的な欲求に無自覚です。

セクシーな女性と相対しているときは、無意識にネクタイや第一ボタンをいじっていたりするので、注目してみてください。

頭の後ろに手をやるのは?


CMやコメディなどで、よくオジサンが「まいったなあ」とか「いやあ、ごめんごめん」と言いながら、片手でうなじの少し上(後頭部の下のほう)をさわるあのポーズです。

こういったポーズをとるとき、人は照れくさく思っています。

また、それとは別に、実は人との接触を拒否しています

その気持ちが強くなると、両手を頭の後ろにあてます。

ようするに頭の後ろに手をやるのは、拒絶の仕草なんです。

もし話し相手がこういった仕草をとったときは、あなたとの会話に魅力を感じていません。

話題を変えるか、気持ちを切り替えて、ほかの男性との会話を楽しみましょう。

視線の読み取りかたとその対策


感情は、視線にあらわれます。

以下はその具体例です。

●視線の方向(あなたから見た方向です)
・右上      : なにか思い出している
・左上      : 空想をしている(嘘など)
・左右または正面 : 見えないものを考えている(音楽や匂いなど)
・下       : 感覚を集中させている


●瞳孔の開き具合
・大きく開く   : 好意的、話に興味がある
・閉じている   : 話している人に興味がない


相手の視線を追えば、どんな心理なのかが分かってしまいます。

では、感情を読み取られないようにするには、どうすればいいのでしょうか?

それはずばり、目をつぶって話に集中する(ふりをする)ことです。

単純ですが効果はバッチリです。

口もとの読み取りかたとその対策


くちびるにも、人の感情はよくあらわれます。

以下はその具体例です。

●下くちびるが動く
・なにか言いたいときに、舌くちびるが動きます


●下くちびるを噛む
・感情を押し殺しています。話の内容に納得していません


前回までに紹介した「嫌悪」や「怒り」、「恐怖」、「軽蔑」、「驚き」、「悲しみ」など、口もとにはさまざまな感情があらわれます。

微表情を読み取ることに慣れていないうちは、口もとだけを観察するのもよいでしょう。

なお、口もとから感情を読み取られない方法は、人差し指で鼻を触ることです。

こうすることによって、口もとが隠れますから、感情を読み取られることもなくなります。

有名な対策方法ですが、それだけ効果はバッチリです。