「交際前のセックスて有り?」メリット&デメリットを解説

知り合ってお喋りして、互いの事をもっと知りたくなって、やがて恋人関係になる。

このような男女が交際する流れの中「セックスの順番」に関する問題が長年テーマとして取り上げられています。

自然に身を任せれば、セックスが先になっても全くおかしくはないでしょう。ただし人間には理性があるので「セックスは付き合ってから」という考えが一般的です。

ということで今回は、交際前セックスについて、メリット&デメリットを解説したいと思います。

交際前のセックスのメリット


まずはじめに、付き合う前に肉体関係を持つことの良さについて、徹底解説していきます

「男と女が愛し合うのに知性は要らない」このような情熱的なスタイルを貫き通すと、最高の恋愛が出来るかもしれませんね。

メリット①早い段階で相手の本性が分かる

付き合う前にキスやセックスをすることで、相手の普段は見せない本性が掴めます。

パパっと服を脱いで恥じらいもなくエンジョイしているようなら、かなり慣れている様子…ワンナイトラブは色々なところで経験してるかも。

優しいソフトキスから始まって、最後まで女性のペースに合わせてくれるなら、今後の展開に期待できます。

メリット②相手に行動力を与える

付き合う前のセックスによって、相手の行動を変えられることがあります。

お互い両想いな感じは、なんとなく空気感で分かっているものの、なかなか気持ちを言葉にして表してくれない男性の場合。

先にセックスをしてみましょう。そうすることで、距離感をグッと縮めることができ、スムーズにカップルになることが出来ます。

交際前のセックスのデメリット


互いの想いがマッチしていれば、交際前のセックスも悪いことじゃありません。

しかし互いの想いや目的が食い違っていると、傷ついてしまうこともあるでしょう。

デメリット①セフレになってしまう

「お互い好き同士だからセックスをする」ここまでは双方の意見が合致しています。

問題はこの後。「セックスの相性も良いし性格も合う、恋人にしたい相手だけど、付き合うタイミングが分からない…」

誰がどう見てもカップルなのですが、きちんと言葉にして「交際したい」と伝えていないので、カップルにも見えてセフレにも見える微妙な関係になってしまいます。

デメリット②無かったことに

セックスをするまでは、お互い大好きだったけれど、裸になって愛し合ってみたら…なんか違う

「違う」と感じる要素は様々で、体臭・口臭がきつかった、前戯からフィニッシュまでぎこちなかった等々。

これは男性だけが思うことではなく、女性も同じように感じることがあるでしょう。

「付き合う前に知れて良かった」とポジティブに捉えるのか、「順番を守っていたら付き合えたのに」と悲観的にとらえるかはあなた次第。