「結局あざとい女がモテる?」すぐ使えるモテテクを知ろう!

あなたの周りには、特別美人でもないのに常に彼氏がいたり、周りの男性からチヤホヤされている女子っていませんか?

そういう『あざと女子』は、どこで身につけたのか男性をメロメロにしてしまう素質を持っているんですよね。

今回はそんなあざといけど可愛い!あざと女子が日常的に使っている言動をご紹介していきたいと思います。

特別感をアピールする


あざとい女子は、演出するのが得意です。

食事や飲み会に誘われたときには「○○君が行くなら行こうかな~」と言ったり、大人数での食事中には「やっと○○君と話せた~♡」と言い、気のありそうな言葉をいうのがウマいんですよね。

たったそれだけの一言で男性は「俺と食事に行きたいってこと?」「俺と話したかったってこと?」と勝手に妄想を膨らませて、あざと女子のことを意識しはじめるのです

驚くほどにかんたんな手口ですが、これだけで効果抜群。あざと女子でない女性も使うとモテ率がアップしますよ!

リアクションが大きい


「知らなかった~」「そうなんだ~」「凄い!」とリアクションを大きめにする女性。いるいる。

男性は相手の知らないことを知っていると優越感に浸れます。そしてもっといろんなことを話したくなってくる。だから女性から大きなリアクションは、お世辞だったとしても嬉しくなってしまうんですよね。

あざとい女子は男性を立てるのがウマいです。知っていても、知らなくても、ひとまずは相手が良い気分になる言葉をかける。

それだけで会話も長続きしやすくなるので、会話に困ったらまずはリアクションを大きくしてみましょう!

押しに弱いアピールをする


「私押しに弱いんだ~」と聞くと男性はついドキッとします。

「俺でも押せば好きになってくれるかな?」と期待して相手のことが気になる存在になっちゃうんですよね。

ただし、押しに弱いことを公言する時点で、あざとさはMAXです。それに誰にでもホイホイついていっちゃうと言っているようなものでもあるので、むやみやたらに使うと、ヤリ捨てされるような痛い目にあう可能性もあるので注意が必要です。

男性にモテる為に色々と努力している”あざと女子”ですが、あざとい行動や言動はやりすぎると男女共に引かれてしまうため限度を持っての使用がおすすめです。

とはいえ簡単に試せるものばかりなので、モテテクとして使用してみてください!