グループ交際からの発展方法!効果的なアフターケア3つ!

気を許せる仲間と遊ぶ、本当に楽しいひとときです。

もしそれが出会って間もない男性が混じった”グループ交際“なら、ドキドキも加わって最高ですよね。でも、いつまでもグループ交際のままでいいわけありません。

気になる男性ができ、その男性といい関係になっていきそうなとき、どうすればライバルから一歩リードし、発展させることができるのでしょうか。

アフターケア1:メールは最速・最遅

shutterstock_367911101

グループで遊んだり、食事をしたりした後のメールは最速と最遅を意識しましょう。

「最速」とは、グループとして別れて姿が見えなくなったら即メール

ただ、ここはライトな感じで十分です。「今日は楽しかったね」「いろいろとありがとう」このくらいです。重要なのは「メールをしたという事実」です。

「最遅」とは、その日のラストメールをGETすること

ここでのメールはしみじみと思い返したようなメールがいいですね。「今日のこと思い出してた。本当に楽しかった」「〇〇くんの△△最高だったね」重要なのは「今日の時間が本当に幸せだったと相手に伝えること」です。

アフターケア2:お礼は2段階

shutterstock_141076960

どこかに連れて行ってもらったり、食事をごちそうになったり、明らかに男性にサポートしてもらったことが明確な時はきちんとお礼を言いましょう。そしてお礼は2回言うことが原則です。

理由は単純。1回よりも2回の方が本気度が伝わるからです。

例えば、食事を奢ってもらったのであれば、会計時に1回目。お店の外に出て2回目。男性がなぜ女性に奢るのか、それは女性にお礼を言われたいからです。頼りになる存在であることを示したいからなんです。しっかりと認めてあげるような表現ができれば最高ですね。

アフターケア3:見えないところの気遣い

large
出典:weheartit

男性が求める女性のタイプは様々ですが、心のどこかで「自分を愛し、尽くしてくれる女性」を思い描いているものです。しかし、そんなことは実際に結婚して見なければ分かりません・・・と言いたいところですが、男性は見極めようとしています。そのポイントが「気遣い」です。

目の前で何かをしてあげる直接的なものではなく、誰かがしてくれた・・・実は〇〇さんだった。こういう間接的なものが高評価です。

誰にも評価されないかもしれないけど、相手のために気遣える女性、後からその正体があなただと分かったときに、一気にグループからリードすることができます。

いかがでしたか?

shutterstock_194712596

グループ交際ではライバルが生まれているかもしれません。しかし、必死にアピール合戦をしすぎると男性が引いてしまうことがあります。効果的なタイミングを見計らって、アフターケアをすることが重要なのです。