【男性談】絶対に外さない男性へのプレゼント~実践編~

男性にとってネクタイは、絶対に必要なものであり、しかも何種類あっても困らないもの。

男性へのプレゼントに最適といえるでしょう。

当記事では、ドレスコードに対応した定番のネクタイと、その具体的な選び方をお伝えします。

定番1:濃赤と白のストライプ


アメリカの大統領や上院議員がここぞというときに着用するネクタイの柄です。

濃紺のジャケットに白のシャツ、そしてこの濃赤と白のストライプのネクタイで、アメリカの国旗で使われている色となります。

以前は、濃赤の無地のネクタイ(ソリッドタイ)を着用する政治家が多かったのですが、アメリカの国旗そのものになってしまうので、最近はちょっと外してストライプにすることが多いようです。

この柄のネクタイは、まわりに力強い印象を与えるため、ビジネスの世界でも多用されています。もちろん日本でも定番です。

格式のある場にふさわしいネクタイでもあるので、ぜひ、あなたからプレゼントしてあげてください。

きっと、ここぞというときに着用してくれるはずです。

定番2:濃紺のソリッド(無地)


濃紺のソリッド・ネクタイも定番のアイテムです。

濃紺のシングルスーツに、薄青のワイドスプレッドシャツ、そしてこの濃紺のソリッド・ネクタイといえば、すかした英国紳士、いわゆるボンド・スタイルですが……ただ、ドレスコードのど真ん中なため、気を付けないと就活スーツっぽくなってしまいます

ちなみに、リーマンショックの頃のアメリカの金融街でも流行しました。

濃紺のソリッド・ネクタイは、男性なら必ず1本は持っていると思いますが、とはいえ、光沢や織り柄によって味わいがまるで異なりますので、まったく同じものを買ってしまうということはまずありません。

一般に、女性は男性よりも色彩感覚が優れているといわれますので、ぜひ、あなたのセンスで、とっておきの「濃紺のソリッド」を選んであげてください。

ちなみに、ご両親への挨拶や結婚の報告といった場で着用されることの多いネクタイですので、プレゼントをすることがプレッシャーになったりします。
以上、いかがでしたか?

今回紹介した2つのネクタイは、どんな職場でもどんな状況でも着用できる定番のものです(濃赤と白のストライプのネクタイは、お葬式ではやめたほうがいいです)。

彼氏も照れくさく思うことはあっても、嫌うことはまずない柄です。

プレゼントに最適ですので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。