転職エージェントに聞いた!プロポーズが遅くなりがちな職業

転職エージェントを取材したときに教えてもらった、「プロポーズが遅くなりがちな職業」をお伝えします。

就活サイトがけっして伝えることのない、しかし、気になる恋愛情報をぜひご覧ください。

未婚の先輩が多い「編集者」

shutterstock_715099993

雑誌の編集者は、基本的に多忙で、締切が近づくとたいていは会社に寝泊まりしています。

しかも、アイドルやモデルを扱う編集部の場合は、撮影の対象が学生なので、学校がやっていない夕方以降と土日に仕事を詰め込みます。

だからプロポーズをするヒマがない……というのもありますが、実は、編集者のプロポーズが遅くなりがちな一番の理由は、未婚の先輩が活躍している職場環境にあります。

もちろん、既婚の編集者はたくさんいますが、それでも結婚するのは男女ともに平均して30代半ばです。

30歳ぐらいで結婚していなくても、まわりからは何も言われませんので、特に焦ることもないんです。

出会いが多い「コンサルタント」

shutterstock_398205238

コンサルタントも多忙な職業です。

異業種からの転職者が多い職業で、コンサルティング・ファームに入社後の1・2年は、睡眠時間が2・3時間しかとれないという人も結構います。

それでもコンサルタントが人気の職業なのは、年収が高い上流職だからです。

しかも、一流企業の重役や、経営者たちと仕事をするので、自然とハイクラスの人脈が広がっていきます。

そんなコンサルタントのプロポーズが遅くなりがちなのは、パーティーなどで異性に出会う機会が多いからです。

つまり、出会いが多すぎて危機感がないんです。

まったく、うらやましい話ですよね。

転職回数が多い「エンジニア」

shutterstock_1032639931

エンジニアは、プログラムの才能さえあれば、年齢に関係なく、どんどん年収があがっていく職業です。

ただし、転職によって年収をあげていくのが一般的なので、転職回数がほかの職業に比べて多めとなっています。

ちなみに、IT人材白書2017によると、20代のエンジニアの24.8%が転職経験があり、3回以上転職した人は4.0%です。

30代のうち54.6%が転職経験があり、3回以上転職した人は12.8%です。

転職の前後はプロポーズしにくいですし、現実的なことを言えば、勤続年数が短いうちはローンの審査も通りません。

そういった事情もあって、プロポーズが遅くなりがちです。
以上、いかがでしたか?

次回の「転職エージェントに聞く」は、出会える業種TOP3をお届けします。