「新生活でぐったり・・・」医師が教える簡単☆ストレス解消法

4月は新生活がはじまる季節です。

新しい環境になると、どうしてもストレスがかかりやすくなります。

仕事の内容や新しい人間関係など、不安はつきませんね。

そこで今回は、新生活のストレスでぐったりしてしまわないように、脳神経内科の医師が簡単なストレス対策を5つご紹介します。

今すぐできるストレス解消法5つ

そもそもストレスとは何でしょうか。

ストレスというのは、ひとことで言えば「思い通りにならない状態」のことです。

何が原因であっても「思い通りにならないなぁ」と自分が感じれば、それはストレスになります。

したがって、ストレスを解消するためには、自分の頭がそんなふうに感じなくてすむような行動を起こす必要があります。

簡単なアクションをおこす

簡単なアクションをおこす
出典:shutterstock


人間関係にストレスを感じる場合、いつもと少し違ったことをしてみると、思い通りにならない状況に変化があらわれることがあります。

思い切って、生活の中で小さな刺激を加えてみましょう。

たとえば、人見知りで話すのが苦手な人は、「あいさつにもうひとこと加える」を実践してみましょう。

「おはようございます。”今日はいい天気ですね”」とか、「おつかれさまです。”今日は仕事つかれましたね”」といった具合です。

あいさつにひとこと加えるだけで、会話が続くようになり、人間関係がうまくいきやすくなります。

相手とのコミュニケーションが続くと、人間関係のストレスはやわらぎます。

ただしポイントは「無理をしないこと」。

「これくらいなら自分にもできるかも」と思えるくらい簡単なアクションであることが続けるコツです。

誰かとおしゃべりをする

誰かとおしゃべりをする
出典:shutterstock


人との会話は、「オキシトシン」という愛情ホルモンの分泌を促し、ストレスをやわらげることがわかっています。

実際に、心の内をしゃべっていると、だんだん心の中が整理されて、気持ちが軽くなってきます。

ただし、誰かの悪口やぐちはやめておきましょう。

逆にストレスホルモンが分泌されてしまいます。

ネガティブな会話が繰り返されると、血圧が上がったり、胃腸の調子が崩れたりと、よくないことが起こってしまいます。

脳科学的には、おしゃべりの内容はポジティブなものが一番です。

ワクワクしたり、楽しい気分になったりする会話を心がけましょう。

好きなものに没頭する

好きなものに没頭する
出典:shutterstock


好きなことに没頭するのも、ストレス解消によい方法です。

作業に集中していると、無になってストレス状態が解消されます。

好きなことに没頭しているときというのは、脳の中がとても安定した状態になることがわかっています。

現実逃避ではなく、ストレスで乱れた脳の状態をいったんフラットにするようなイメージを持つといいでしょう。

動く

動く
出典:shutterstock


ストレスを感じないようにする、もっともてっとり早い方法が、からだを動かすことです。

とくにいいのは、軽く続けられる規則的な運動です。

たとえば、散歩やサイクリング、マッサージやスクワットなどがおすすめです。

規則的な運動はセロトニンという心を安らかにするホルモンの分泌を促すこともあって、ストレス解消にとてもよいです。

また単純に、からだを動かすと心地よいですよね。

心地よいと感じることも、セロトニンを分泌させます。

運動するだけで、自然と気持ちも前向きになるはずですよ。

寝る

寝る
出典:shutterstock


寝ることは最強のストレス解消法です。

たいていの不調は、しっかりと寝ることで治ります。

結局のところ、ストレスは自分の脳が生み出しているもの。

寝ることで思考が強制的にリセットされると、ストレス解消になるのです。

十分に寝る時間がとれない場合は、瞑想をするのもひとつです。

何も考えずに、ただぼ〜っとするだけの時間を意識的につくるだけでOK。

これでも、脳を休ませることができます。

なぜ新生活でストレスがたまるのか

新生活では何かとストレスが出てきやすいわけですが、これには理由があります。

人間は生き物として、慣れている集団の中でいることに、心地よさを感じやすいようにできています。

動物のなわばりのようなもので、ここからはなれると、動物として危険を感じやすくるのです。

新しい生活に変わることは、そもそもストレスが出て当たり前だということです。

ストレスに強くなるコツ

ストレスに強くなるコツ
出典:shutterstock


ストレスに対処する5つの対処法をご紹介しましたが、最後に、そもそもストレスをそんなに感じなくてすむようにするためのコツをお伝えします。

運動する

からだを動かすこと自体がストレス解消になることはすでに述べましたが、ストレスがあろうとなかろうと、気持ちよく続けられる運動の習慣をもっておくといいです。

そうすると、常に軽いストレスを発散させることができ、ストレスを内側にためこみすぎなくてすむからです。

自分なりの解決法を見つける

あらかじめ「こういう場合にはこんなストレス解決法を使う」と、ストレスの解消法を決めておくと、いざというときに安心です。

ストレスの解消法は自分に合っていれば、どんな方法でもかまいません。

できればいくつか選択肢があると、よりいいでしょう。

ひとつの方法が無理でも、他の方法を試すことができると思えること自体が、気持ちのうえでお守りとなって、ストレスをやわらげます。

漢方薬による体質改善を目指す

漢方薬
出典:shutterstock


どうしても対処できないようなストレスを感じる場合、漢方薬でストレスに強くなる体質を目指すのもひとつの方法です。

ストレスが長く続くと、からだの不調もでてきてしまいます。

倦怠感やお腹の不調など、からだの不調が目立ってくるような場合は、体質から整えてみましょう。

漢方薬の特徴は、からだ全体のバランスを整えて、こころとからだを健康な状態に向かわせる点です。

つまり漢方薬なら、こころとからだのさまざまな悩みにも、根本からアプローチできるのです。

また、日々忙しい大人女子が、規則正しい食生活や、ジョギングや筋トレを続けて健康を維持することは大変ですよね。

その点、漢方薬なら自分の症状や体質に合ったものを毎日飲むだけなので、健康法としても簡単に続けられるでしょう。

ストレスによるからだの不調におすすめの漢方薬

・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

比較的体力の低下した方向け。

胃腸のはたらきを整えて、手足のだるさ、食欲不振、かぜの後の体力低下、多汗などの症状を改善します。


・半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

体力が中等度以下で、顔色がすぐれず、神経症的傾向がある方向け。

神経の高ぶりを押さえることで、気分がふさぐ、のどの異物感、めまい、動悸、吐き気などの症状を改善します。


・大柴胡湯(だいさいことう)

体力・体格ともに充実した人で上腹部が張って便秘しがちな方向け。

便を出し、筋肉の緊張をゆるめることで、耳鳴り、肩こり、吐き気、胃酸過多、食欲不振、不眠などに効きます。

漢方薬を選ぶ際の重要なポイント

漢方薬を選ぶ際の重要なポイントは、ご自分の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に精通した薬剤師の力を借りるのがおすすめです。

「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

ストレスをうまくコントロールして快適な新生活を!

>ストレスをうまくコントロール” width=”640″ height=”360″ class=”alignnone size-full” />
    <figcaption>
        出典:<a href=shutterstock


新生活のストレスに対処する簡単な方法についてご紹介しました。

ストレスは自分の頭の中で生み出されるものなので、自分の考えや行動を変えることで対処できます。

うまくストレスとつきあって、あなたの新生活が豊かなものになることを心から願っています。

この記事を書いた人

田頭秀悟さん
出典:beautyまとめ


医師 田頭秀悟(たがしら しゅうご)

日本神経学会専門医、日本東洋医学専門医、内科全般、脳神経内科、漢方内科
オンライン診療専門クリニック「たがしゅうオンラインクリニック院長」。
西洋医学の枠に捉われず、東洋医学は勿論、ホメオパシー、アロマテラピー、サプリメントなどの代替医療も駆使して患者さんの健康管理を遠方からサポートする。
理念は「『医者が患者を治す』から『患者が病気を治すの医者が手伝う』」
根本的治療を施すことができる唯一の存在である患者本人が病気を克服するのを支える「主体的医療」の普及を目指している。
ブログ、ツイッター、YouTube、メルマガ、Noteなど様々な媒体で患者自らが病気を治すために役立つ知識について情報発信中!