【裏ワザ】余った使わないシャンプー活用術5選☆

香りが苦手だったり、自分の髪質と合わなかったりして、せっかく買ったけどあまり使わないシャンプーってありますよね。

余りのシャンプーはそのまま捨ててしまうのはもったいないので、洗浄力の強さを生かして掃除などに活用してみませんか?

まずはお風呂掃除に使ってみよう!

余った使わないシャンプー活用術

シャンプーには水と油をなじませやすくする界面活性剤が入っているので、お風呂場の浴槽や壁などに付着した皮脂汚れを落とすのにぴったりです。

お風呂用洗剤のように手が荒れる心配がないし、香りが気に入っているものならリラックス効果も期待できそう♪

トイレの落ちにくい汚れにもシャンプーが活躍

余った使わないシャンプー活用術

洗浄力が高く、泡立ちも良いシャンプーは、トイレ掃除にも活躍します。

使い方は一般的なトイレ用洗剤と同じ。適量を便器内に出し、ブラシでこすったら水を流すだけです。

汚れが気になるヘアブラシのお手入れに

余った使わないシャンプー活用術

プラスチックでできたヘアブラシは、適量のシャンプーを溶かして泡立てた水に浸け、一晩置いてからシャワーでよく洗い流して乾燥させるとキレイになります。

水に濡れるとカビが生えやすい木製のヘアブラシは、泡立てたシャンプーをつけて歯ブラシなどでこすり、よくすすいでから、しっかり水気をとって乾かしましょう。

お風呂場の鏡のくもり取り

余った使わないシャンプー活用術

湯気でくもって見えにくいお風呂場の鏡は、手のひらで泡立てたシャンプーを塗ってから洗い流すとくもりにくくなります。

あまりきちんと洗い流してしまうと水膜の効果が薄れるので、軽くシャワーをかける程度がベスト!

鏡を使い終わったら、しっかりシャンプーの成分を洗い流しておきましょう。

一人暮らし女子の大敵! ゴキブリ退治

余った使わないシャンプー活用術

どんなに家を清潔にしていても、いつの間にか侵入し、我が物顔で歩き回るゴキブリ。

あの黒い姿を見かけると、恐怖で身がすくんでしまうという人も多いのではないでしょうか。一人暮らしなら尚更ですよね。

運悪く遭遇してしまった時は、ゴキブリ目がけてシャンプーを「ビュッ!」と噴射してみてください。

ゴキブリの体は呼吸口を守るための油分で覆われているので、シャンプーでその油を落としてしまえば窒息して動けなくなってしまいます。

余ったシャンプーは捨てるよりもぜひ活用を!

シャンプーの使い心地は実際に洗ってみるまでなかなか分からないので、時には「失敗した!」と思うこともありますよね。

そんな時は、そのまま捨ててしまわず、ぜひ掃除などに活用してみてください。

なんといっても香りが良いので、ルームフレグランス代わりにもなって一石二鳥ですよ。