「生理前のホルモンバランスの整え方」薬剤師が教える解消法。

生理前になるとなんだか気だるい

「生理前はからだが熱っぽい感じがする」

と、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな悩みをお持ちの大人女子に向けて、薬剤師が生理前の不調の解消法をご紹介します。

しっかり対策をして、毎日を快適に送ってくださいね。

生理前にからだがだるくなる原因は?

生理前にからだがだるくなる
出典:shutterstock


生理前になるとからだがだるくなる、眠気が増す、などの症状はPMSと呼ばれます。

PMSとは月経前症候群ともいい、「月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するもの」と定義されています。

PMSが起こる原因は女性のホルモンバランスの変化です。

生理前に分泌されるプロゲステロンという女性ホルモンは、からだに妊娠の準備をさせる働きを持っています。

そのため、妊娠初期のような体温上昇、むくみ、便秘などの症状が出やすくなると考えられています。

PMSの症状は、からだのだるさ以外にも、ニキビ、肌荒れ、頭痛、胸の張り、食欲の変化、イライラ、気分の落ち込みなど、美容面から精神面まで多岐にわたっています。

このような症状が生理開始前の5日間にあれば、PMSである可能性は高いでしょう。

生理前の期間を乗り切る方法

生理前のPMSによる不調を乗り切る方法として、以下に2つの方法をご紹介します。

生活の習慣を整える

生活の習慣
出典:shutterstock


ホルモンバランスは生活習慣の影響を受けます。

そのため、基本的な生活のリズムを整えることで、ホルモンの乱れを改善することができます。

睡眠時間を充分にとること、寝る時間や起きる時間を一定にすること、栄養をたっぷりと含んだ食事を摂ること、ストレスをためないことが大切です。

どれも基本的な健康習慣ですが、こうした日々の積み重ねによって、健康を維持できるようになります。

低容量ピルを飲む

低容量ピル
出典:shutterstock


生理前の不調を改善する方法として、婦人科で低用量ピルを処方してもらう方法もあります。

低用量ピルには女性ホルモンが配合されているため、体内のホルモンバランスやリズムを整えることができます。

そのため、生理前の頭痛、情緒不安定、肌状態の悪化などを改善することができます。

また、生理自体が軽くなる、生理予定日があらかじめ分かるので旅行の予定などを立てやすい、などといったメリットがあります。

ただし、低用量ピルには吐き気、頭痛、乳房の張り、むくみ、体重増加、血栓症などの副作用があるので注意が必要です。

むくみによって体重が増加することがありますが、1~2か月で改善することが多いです。

喫煙をしている方、肥満症の方、家族に血栓症になったことがある方は、血栓症のリスクが高いという報告がありますので、医師とよく相談してから内服を始めるようにしましょう。

漢方で生理前の不調を改善

漢方で生理前の不調
出典:shutterstock


自分の健康に不安を抱えるそんな大人女子には、漢方薬がおすすめです。

漢方医学では、「ストレス(気の乱れ)」「水が体内に溜まってしまう(水の流れ)」「ホルモンバランスが崩れる」といった状態を改善し、こころとからだを理想の健康状態にすることを目的としています。

漢方薬には、「生理前のだるさ」「イライラ」「落込み」「生理痛」など、さまざまな症状に効果が認められているものがいくつもあります。

漢方薬は、自然由来の植物や鉱物などの生薬を組み合わせたもので、体質の改善に働きかけることで根本的な解決を目指すので、同じ症状を繰り返したくないという思いに応えてくれます。

バランスのとれた食事や運動などを毎日続けるのは苦手という場合でも、体質に合った漢方薬を毎日飲むだけなら、手間なく続けられますね。

PMSでお悩みの方におすすめの漢方薬

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

貧血、生理不順、下半身の冷えにお悩みの方向け。

血の巡りをよくするのと同時に、水分代謝を整えることで余分な水分をからだからとり除いて体内のバランスを整えます。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

のぼせや、月経不順、月経痛、肩こり、頭痛なども気になる方向け。

血の巡りをよくして、ホルモンバランスを整えます。

加味逍遙散(かみしょうようさん)

生理前のメンタル不調がある方、疲れやすい方向け。

気・血の生成や巡りを改善します。神経の高ぶりや抑うつだけでなく、不眠症・冷え症などにも効果があります。

漢方薬を選ぶ時の重要なポイント

漢方薬
出典:shutterstock


漢方薬を選ぶ時の重要なポイントは、ご自分の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に精通した薬剤師の力を借りるのがおすすめです。

「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

AI(人工知能)を活用した漢方のプロが、個人に効く漢方薬を見極めて自宅に郵送してくれる「オンライン個別相談」が便利です。

生理前も快適に過ごそう!

生理が来るたびにPMSに振り回されるのは嫌ですよね。

生活習慣を整えても改善しない場合は、ぜひ医師に相談してみてください。

低用量ピルに対し、「薬を飲むのはからだに良くないんじゃないか」と思うかもしれませんが、専門家のアドバイスを受けながら服用すれば、安全に使用することができます。

心配な場合には、漢方薬の服用も検討してみてください。1人で悩まずに、専門家に相談しながら、あなたに合った解決策を見つけていきましょう!

この記事を書いた人

佐藤 瞳
出典:beautyまとめ


あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 佐藤 瞳

製薬会社で臨床開発に従事後、「薬を実際に使っている患者さんの声が聴きたい!」との思いから、調剤薬局で勤務。

病気を未然に防ぐライフスタイルや働く女性に役立つ漢方の情報を発信している。登録販売者試験講師としても活躍中。