「3コインズVSダイソー」ヘアアイロンケース徹底比較!

ヘアアイロンを購入しても、専用のケースがついてこないことも。

自宅では問題ありませんが、旅行で持ち運びたいときには困ってしまいますよね。

そこで今回はプチプラでゲットできるヘアアイロンポーチをご紹介!

ダイソー3コインズで発売中のヘアアイロンポーチを徹底比較♪

ダイソー ヘアアイロンケース


価格:100円(税抜)

ダイソーでゲットできるヘアアイロンケースは、黒地のシンプルなデザインです。

元々付いてくるタイプのヘアアイロンケースも、黒地のものが多いですよね。

そのため、黒地のシンプルなダイソーのヘアアイロンケースは、どんなヘアアイロンでも違和感なく使うことができますよ。

ヘアアイロンケースの大きさは?

ダイソーのヘアアイロンケースは全長33cm

3コインズのヘアアイロンポーチよりも5cm短い作りになっています。

そのため、中には「手持ちのヘアアイロンが入らなかった!」という口コミもちらほら。

購入前に、自宅にあるヘアアイロンのサイズを測っておくと安心です。

ヘアアイロンケースの耐熱性は?

ヘアアイロンケースの内側は、ポリエステルでできています。

「冷ましてから入れる」との注意書きもありますので、ダイソーのヘアアイロンケースは完全に冷ましてから収納する必要があります。


▽内側はこんな感じ

出典:Instagram

3コインズ ヘアアイロンポーチ


価格:300円(税抜)

3コインズでゲットできるヘアアイロンポーチ。

グレーと白のボーダーデザインがおしゃれです。

ポーチにはクッション性もあるので、傷をつけずに持ち運ぶことができますよ。

また、ヘアアイロンポーチの内側にはポケットがついています。

ポケットにヘアアイロン部分を入れたり、コードを収納したりして使うことができますよ。

ヘアアイロンポーチの大きさは?

3コインズのヘアアイロンポーチは全長38cm

ほとんどのヘアアイロンが余裕で入る大きさです。

ヘアアイロンポーチの耐熱性は?

3コインズのヘアアイロンポーチは、内側が熱に強いアルミ素材でできています。

使い終わった直後の熱々はさすがにNGですが、ある程度ヘアアイロンの熱さが取れたら収納できます。


▽内側はこんな感じ

出典:Instagram

もう困らない♡

さて、今回はダイソーと3コインズのヘアアイロンポーチを比較してご紹介しましたが、いかがでしたか?

ミニサイズのアイロンで、価格重視で行くならダイソー。サイズ・素材にもこだわるなら3コインズがおすすめです。

困ったあげくにタオルでぐるぐる巻きに…なんて状況からはもう解放♪

大切なヘアアイロンを長く使うためにも、専用のケースを用意してあげましょう!


◼️公式:https://www.3coins.jp/