ドイツ発☆オーガニック&グルテンフリーの「グレインコーヒー」に注目!

コーヒーをよく飲むという方、普段口にしているものがどのように作られているのか気になったことはありませんか?

日本では「食品衛生法」によって残留農薬の基準値が定められていますが、それでも体の中に入れば全くの無害というわけにはいきません。

そこで、健康が気になる人の間で注目されているのが、化学農薬を使わずに栽培したオーガニックコーヒー

その中から、グルテンフリー栄養価も高いとされる「グレインコーヒー」をご紹介します。

グレインコーヒーの特徴

グレインコーヒー

世界で最も基準が厳しい「demeter(デメター)」の認証取得

「demeter」は、ドイツのオーガニック製品を認証する団体。基準がとても厳しいことで有名で、有機無農薬栽培であることはもちろん、加工や流通の過程まで細かくチェックされます。

グレインコーヒーは、このdemeterの認証を取得したオーガニックコーヒー。品質に信頼がおけそうですね。


グルテンフリーで健康的

加工度の高いコーヒーを飲むと、グルテンを摂った時と同じような症状が出ることがあります。

グレインコーヒーはグルテンフリーと明記されている商品なので、このような心配が少ないです。


栄養価が高くて扱いやすい

グレインコーヒーにはミネラルやビタミン類が多く含まれているので、毎日の健康管理に役立ちます。

特殊な製法により、溶けやすくしてあるので、お湯で溶かせばすぐに飲めるところも便利。忙しい朝も手軽にコーヒーが楽しめますよ。

カフェインフリーなのも嬉しいですね。

オーガニック先進国・ドイツで生まれた「NATURATA(ナチュラータ)」

グレインコーヒー

グレインコーヒーを販売する「ナチュラータ」は、オーガニック先進国であるドイツで生まれたホールフード市場のパイオニアです。

「人と自然をつなぐ」ことに重きを置いているため、生産者や顧客に対してフェアトレードを行うことにもこだわり、安心・安全な方法でオーガニック製品を流通させています。

体に優しいグレインコーヒーでおいしく健康習慣

グレインコーヒー
出典:weheartit

健康で美しい女性でいるためには、毎日の食事や飲み物にも気を配ることが大切です。

オーガニック&グルテンフリー、さらにミネラルやビタミンも豊富に含んだグレインコーヒーで、おいしく健康習慣を作りましょう!