お悩み別に色を使い分け♡カラーセラピーで運気上々にする方法

新生活がスタートして早数ヶ月。新しい環境に慣れつつも、まだ人間関係にうまくなじめていない方や初対面の人に会う機会が多くて大変…!という方もきっと多いのではないでしょうか。

『新しい仲間ともっと仲良くしたい、好感をもってもらいたい』といった願いがある方は、ぜひ色の力を借りてみませんか?

今回は、新しい環境や挑戦に自分をアシストしてくれるカラーをご紹介します。

古代から使われているカラーセラピーって?

よく耳にするカラーセラピー

古代より身体に色を塗ったり宝石を身に付ける、もしくは食べ物で取り入れるなどして、魔除けや心身の治療として用いられてきました。

今でもその色の効果は引き継がれ、色と心の心理関係は研究されています。


オープンマインドになれるイエロー

large
出典:weheartit

初対面の方にお会いする時、無意識のうちに緊張してしまう。人見知りで自分から話せない。

緊張で顔がこわばってしまう。という人にぴったりのカラーがイエローです。黄色は見たとおり”太陽”のカラーでエネルギーがあふれています。

また幸福や幸運が舞い込むなどといった意味があり、オープンマインドにもなります。


五月病防止にはベージュ

large
出典:weheartit

この春から就職・引っ越し・入学など、新しいことを始められた方は、今まで夢中になっていた分、ひと段落する5〜6月になる頃に気づかないうちに溜まった疲れがどっと押し寄せてきます。

そんな時は身の回りのインテリア、ベッドカバーなどをベージュに変えてみてください。ベージュは土の色で限りなく自然に近い色です。

緊張を解きほぐしリラックス効果があります。


最後に

色と人間の心とは、古代から強く結びつきがあるそうです。

他にもデートに効くピンクやビジネスシーンにも有効なブルーなど、色がもたらす作用は多々あります。
ちょっと気分がすぐれない、勇気が欲しい!という時に色の力を借りてみてはいかがでしょうか。期待以上の効果を感じられるかもしれませんよ!