野菜クズが大変身!安全・美味しい「ベジブロス」とは?

手軽に使える粉末調味料。一袋入れるだけで料理の味がプロ級になり、かなり便利です。しかし、原材料には添加物が入っていることも。健康のことを考えると、できれば避けたいのが本音です。

今回は、安全で美味しい「ベジブロス」をご紹介します。野菜クズだけで作れるので、100%無添加

ゴミが減らせるだけでなく、体にとっても良いのでおすすめです。

「ベジブロス」とは?

ベジブロス

ベジタブル(野菜)ブロス(だし)を合わせた造語で、野菜から作る“だし”のことです。

ベジブロスは、素材をまるごと食べる「ホールフード」の考え方がベース。普段、捨ててしまっている野菜の皮やヘタ、茎や根っこなどを煮込み、だしを取ります。

ベジブロスの作り方

ベジブロス

①調理の際に残った野菜クズをよく洗い、泥などの汚れを取り除きます

②①を鍋に入れ、素材が浸かるくらいに水を入れたら30分程度煮込みます

③②をザルなどで濾し、だしを取ります

※圧力鍋を使うと野菜クズがトロトロに煮崩れ、濾すまでもなく、濃厚なだしが取れます

市販のルーはもういらない!

ベジブロス

野菜エキスが濃縮されたベジブロスを使えば、市販のルーを使わずにビーフシチューも簡単に作れます。

肉、野菜、小麦粉を炒めたら、お水ではなくベジブロスで煮込みます。その後、トマト缶と赤ワイン、塩コショーで好みの味に整えたら完成です。

ベジブロスには無農薬野菜を使いましょう!

ベジブロス
出典:instagram

農薬は野菜の皮やヘタなどに残りやすいので、ベジブロスで使うのは無農薬野菜が鉄則です。

無農薬野菜は値が張りますが、クズまで使えるのでコスパは良いですよ。
健康のためにも、ぜひ試してみてくださいね。