貯金上手はやっている!簡単ルール8こ

みなさん、きちんと貯金していますか?

将来のためやいざという時のためにもある程度のお金を持っておくのは大切なこと。

ここでは貯金上手になるためのちょっとしたルールをご紹介していきます。

ついつい浪費してしまう、気が付いたらお財布が空っぽという方は必見ですよ!

1. 子供の頃の金銭感覚を思い出す

金銭感覚
出典:shutterstock


お小遣いをもらい、やり繰りしていた頃を思い出しましょう。大人になると、何となく過ごしていたら無くなっていたということも多いもの。

もらったお金を何に使いたいのかをじっくりと考える時間を持ってみてください。

収入と支出のバランスを見直すことが重要です。

2. 月の貯金額を決めておく

貯金額
出典:shutterstock


お給料をもらったら、まずは一定額貯金しましょう。

それは何があっても手をつけないのがルールです。

3. コンビニで買わない

コンビニ
出典:shutterstock


何気なくコンビニに寄って、ガムやお菓子、ドリンクなどを買っていませんか?

その出費は、気が付けば大金になっていますよ。

また、お茶や水はタンブラーや水筒に入れて持ち歩きましょう。

1日2本飲む人ならば1日300円程度(5日で1500円、1か月6000円)の節約に!

4. 衝動買いをしない

衝動買い
出典:shutterstock


金額の大小に関わらず、衝動買いは絶対にやめること。

欲しいと思ったら、1度家に帰って検討しましょう。

スーパーなどでは、あらかじめ買うものをメモしておき、それ以外は買わないように。

5. 借金をしない

借金
出典:shutterstock


カードの分割利用やローンは、結果的に見れば大きな損をしています。借金と変わらないのです。

住宅は別にして、大きな借金をしなくては買えないものなら、今の自分に本当に必要かを考えてみましょう。

6.夢や目標の優先順位を決める

金
出典:shutterstock


夢や目標がぼんやりしていると「今月は友達の結婚式があるし、貯金はお休みしようかな・・・」と貯めない理由を作ってしまいがち。

まずはやりたいことを箇条書きで書き出してみます。それを見て比較し、夢や目標の優先順位を決定します。

本当にやりたいことに対して、必要な金額の大きさにびっくりしてしまうかもしれませんがしっかり向き合い、優先順位の上位を決めましょう。

7.いつまでにいくら必要かはっきりさせる

はっきりさせる
出典:shutterstock


「収入が少ないから無理・・・」といった弱気発言は言い訳!本当に夢を実現させたいなら、何年後なら可能か、毎月いくらなら貯金ができるか、じっくり考えましょう。

必要な情報を集め、夢や目標を達成するための道を探し出すことが、夢に現実味を出させてくれます。

8.毎日5分間、お金の使い方反省会を開く

反省会
出典:shutterstock


毎日お金の使い方、そして時間の使い方を振り返ります。

時間を有効に使うことで節約することもできるのです、まさに時は金なり!レシートの整理で、実は要らないものを買っていないかチェックする反省会は大切な時間です。