衝動買いで借金!?…失敗しない3つの買い物術

女の子にとって、洋服や化粧品を選ぶ時間は至福の時。ぱっとお金を使えば、ストレスも解消できますよね。

しかし、使えるお金には限りがあるので、衝動買いばかり繰り返していては、後で必ず後悔することになります。

そんな失敗を避けるため、うまく買い物をするコツをご紹介します☆

すぐに購入せず、しばらく時間をおいて考える

買い物
出典:instagram

お店を見ていて「欲しい!」と思うものに出会ったら、その場ですぐに購入するのではなく、いったん離れてじっくり考えてみましょう。

1週間ぐらい経って、それでもまだ欲しいと思えれば購入しても良いですが、時間が経って「やっぱり買わなくてもいいかな?」と思うのであれば、それは今の自分に必要なものではないということです。

こうして考える癖をつけると、衝動買いによる無駄遣いはぐんと減りますよ。

カードではなく現金で買い物をする

買い物

クレジットカードはあると非常に便利ですが、手持ちの現金がなくても物が買えてしまうため、いまいちお金を使ったと実感しにくいところがあります。

また、後払いなので散財をすることへの抵抗も薄く、請求書を見て青くなった経験のある人も多いことでしょう。

使い過ぎで首が回らなくなるのを防ぐためにも、買い物はできるだけ現金ですることをおすすめします。

現金払いなら手持ちがなければそこであきらめるしかないので、身の丈に合った生活ができますよ。

バーゲンは賢く利用する

shutterstock_626081396

洋服やアクセサリーが定価より安く買えるバーゲンは行かなきゃ損!ただし、それはお目当ての商品が値下がりする時だけです。

目的もないのに「バーゲンだから」という理由だけで会場に足を運んでしまうと、つい目についたものを衝動買いしてしまい、後で後悔することになります。

欲しいけどちょっと高くて決心がつかない商品をチェックしておき、セールを狙ってGetするようにしましょう。

デキる女の子は買い物もスマートでなくちゃ♡

買い物はとっても楽しいものですが、そのせいで生活費が圧迫されたり、借金を背負ってしまったりするようでは意味がありません。

今の自分に本当に必要で、無理なく支払える金額であるのかをよく考え、身の丈に合った買い物をするようにしましょう。

高額なものは、カードで簡単に手に入れるのではなく、お金を貯めてから買ったほうが満足感も高いですよ。