どこが違う?仕事ができる女と嫌われる女

入社時期は同じでも、スイスイ昇進していく人もいれば、そうでない人もいます。
この両者の違いって、一体何なのでしょう?

今回は、デキる女性が意識している3つのことをご紹介します。

仕事に行き詰まりを感じている人は、ぜひチェックしてみてください。

仕事がデキる女性

1.自分にぴったりの仕事やポジションがあることを信じて待つ

shutterstock_754671454

もし、希望した職種や役職につけなかったとしても、自分にぴったりの仕事やポジションがほかにあることを信じて待ちましょう。

あなたが戦わなければならない相手は、同僚ではなく、自分自身。

相手を羨んだり妬むことなく、「それは自分にはふさわしくなかった」と思って、ポジティブにタイミングを待つことが大切です。

2.自分以外の人を裁かない

IJ04ISJKNZ

あなたが管理者であったとしても、一緒に働いているほかの人を裁くようなことをしてはいけません。

自分以外の人を裁くと言うことは、自分に対しても厳しく裁かれることを受け入れなければならなくなります。

中立な立場でいれば、人間関係に悩むことも悩まされることもなくなります。

3.自分の仕事が誰かの役に立っていると実感する

shutterstock_598993493

あなたがやっている仕事は、誰かの役に立っていると実感しましょう。

一見すると地味な作業でも、それで誰かが助かっているのであれば、その人の心や体を癒し、喜びを与えていることになります。

その人たちの笑顔を想像するだけで、仕事のモチベーションがアップし、やる気が引き出されることでしょう。

まずは考え方を変えてみて

物事は、考え方を変えるだけで捉え方が変わります。

ポジティブで明るい雰囲気の人はみんなから愛され、色々な面で助けてももらえますよ。
あなたを変えられるのも救えるのも、あなただけなのです。

仕事ができても嫌われる上司とは?

部下の悪いところばかり指摘する



部下の教育をする時、悪いところばかりを見つけては指摘ばかりしていませんか?

勿論、それは部下の為を思ってのことだと思いますが、誰しも頑張っているのに悪いところばかり言われるとモチベーションも下がってしまいますよね?

「こういうところは気を付けた方がいいよ。でもあなたのこんなところは私はとても尊敬している」というように指摘しながらも部下の良いところもきちんと認めることが大事です♡


職場の悪口を部下に愚痴る

業務に対してや自分の上司に対して等、仕事をしていたら嫌なことはたくさんあると思います。

ですが、それを部下に愚痴るのはどうでしょう?もし部下がこの仕事が大好きで入社したのに上司から愚痴を聞かされたら嫌な気持ちになりますよね。

むしろ部下の愚痴や悩みを聞いてあげるのが上司の仕事です。

職場の愚痴は職場以外の人に聞いてもらうのがベストです。


部下に注意した事を自分がしている

例えば部下が遅刻してきたことを注意するとします。それをあなたも同じことをしてしまっては「自分だって同じ事しているのに何で注意されないといけないの」と部下の信頼を下げてしまいます。

上司は部下のお手本となる立場です。意識を高くもって行動するようにしましょう。