4O9OAU2YJL

節約は無意味?!金欠に陥った時に見直すべき3つのこと

何かと物入りの年末
想像以上の出費で、想定外の金欠に陥っている人もいるのではないでしょうか。

今回は、金欠に陥った時に見直すべき3つのことをご紹介します。
お金に困っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.問題は固定費にあり

金欠

金欠に陥ると、誰もが目先の節約に走ります。 しかし、本当に生活費をむしばんでいるのは、特別なことをしていなくても自動的に引き落とされていく固定費の方です。

特に、家賃水道光熱費通信費は想像以上にコストがかかっていることも。

住み替えはもちろんのこと、格安スマホへの乗り換えなど、その時の生活水準に合わせて適時見直しを行いましょう。

2.セール品は取得コストを考慮して

金欠

セールが行われている店舗をはしごする人がよくいますが、それらを取得するためにコストがかかっている認識はありますか?

移動手段としての交通費だけでなく、ネット検索するための通信費のほか、場合によっては物色するために時間を無駄使いしているかもしれません。

3.節約よりも副業が現実的

金欠

日々、コツコツと節約して数百円を溜めるくらいなら、副業をしてみませんか。

年末年始のイベントシーズンは、日払い・高額バイトの宝庫です。

働いている間は余計な出費が防げるだけでなく、短期間で確実に収入を得ることができますよ。

お金の使い方は身の丈に合わせて

ツケ払いやキャッシングが手軽にできる今、想定外の負債を抱えている人は珍しくありません。

借金地獄に陥ってしまう前に、身の丈に合わせたお金の使い方と貯め方をマスターしましょう。