large

もう後悔しない!ついつい後回しにしちゃう悪癖を直すコツ

仕事や家事でも、嫌なことはついつい後回しにして、やりたいことをやっちゃう時ってありますよね。

でも後になって「あの時やっておけば良かった~」と悔やむことも多いもの。

そんな後悔を防ぐために、後回しにする直すコツをご紹介します!

1.やらなかった時のことを考える

large
出典:weheartit

後回しにしてしまう一番の理由は、ものごとを楽観的に考えているため。

「今やらなくても、いつかやれば良い」と思っているから、後回しにしちゃうんです。

でも一度、「やらなかったらどうなるんだろう…」と真剣に考えてみましょう。

後悔している自分が目に浮かびませんか? 失うものがありませんか?

「それくらいなら今やってしまおう!」と考え方を転換するのが、後回し癖を直すコツなんです。



2.できること・簡単なことからやる

large
出典:weheartit

例えばレポートを10枚書こうと思うと、「やりたくない!」と考えてしまうもの。

でもまずは1文から、とりあえず手を付けてみましょう。

1文が終わったら休んでもOKですが、どうせならもう1文書いてみようと思いますよね?

それをコツコツ繰り返していくうちに、嫌なことでも意外とすんなりできるようになるのです。

要は、大きな目標を追いかけずに、できることからやるのが大切。

部屋の掃除なら目の前のゴミから捨てるなど、できる範囲だけでもやってみましょう。



3.もっと嫌なことを設定する

large
出典:weheartit

上記の2つのコツを取り入れても、やっぱり後回しにしちゃう!というタイプには、さらに嫌なことを設定する方法がオススメ。

例えば「コレをやらないとご飯抜き!」「今日しないと土日休みなし!」など、もっと嫌な気分になることを罰として設定するんです。

そうすると「仕方ない、やるか~」と重い腰が上がるはずですよ。



”できる自分”に生まれ変わろう!

いかがでしたか?後回しにする癖は、自分に甘い証拠。

たまには心を鬼にして、シャキシャキ動ける自分に変身してみてくださいね。