【衝動買いは一時的!?】幸福感を継続させる唯一の方法

仕事や家事など、普段の生活で自然と溜まっていくストレス。皆さん発散できているでしょうか?

ストレス解消の方法の1つとして、衝動買いがあります。

しかしこの衝動買い、実はあまり効率的なストレス解消法ではありません。今回はストレスを解消し、更に幸福感を持続させる方法を紹介していきます。

衝動買いによる幸福感は一時的なもの


普段から頑張っているご褒美として自分に高額な物を買うことは、誰でも経験した事があると思います。もちろん、悪い事ではありません。

高額な物を沢山持っている事は周囲から注目の的にもなりますし、幸せに感じることもあると思います。

しかし、この行為をストレス解消のために定期的に行うことは、実はとても効率が悪いのです。

衝動買いによるストレス解消効果は一時的なもの。高額なものを買った直後は幸福感を感じますが、時間とともに薄れていきます。

普段から衝動買いをしている人は時間とともに幸福感が薄れていくと、また高額な物を購入してしまう傾向に。これではせっかくのお金が勿体無く感じてしまいます。

ではどうすればいいのか?一番効率が良い方法は、幸福感が持続する事にお金を使う事です。

それは何かというと、「経験にお金を使う」事です。

経験は美化され思い出になる


旅行やコンサートに行くなど、行動にお金を使った方がストレス解消効果と、それに伴う幸福感が持続します。

心に残るような体験というのは、長期的・短期的にも記憶が残りやすい傾向にあるんです。

人間の脳は基本的に嫌な記憶は抑制がかかり、出来るだけ記憶に残らないような仕組みになっています。

逆に楽しい記憶というのはしっかりと記憶に残り、思い出しやすくなるんです。

「楽しい記憶」というのは、会話の中で出やすくなる傾向に。

こうして楽しい記憶を頻繁に思い出していくと、どんどん美化されて印象が強くなり、「忘れられない思い出」となるんです。

オススメの経験とは!?


経験にお金を使った方がいいのですが、1つポイントがあります。それは「感動や幸福を感じられる経験」をする事です。

オススメは好きなアーティストのコンサートや、旅行などです。コンサートでは好きなアーティストと同じ空間で過ごせますし、音楽で感動を得ることができます。

旅行で自分の好きな所へ行けば楽しいですし、初めて行った場所であれば記憶として残りやすいでしょう。

更に友人や家族と行くことで、感動や幸福を共有することができれば、一層記憶に残りやすくなるんです。

最後に


このように、記憶に残るような経験にお金を使ったほうが、幸福感が持続してストレスが溜まりにくくなります。同じお金を使うにしても、「物」と「経験」では全く違います。

買う物の値段が高くても決して人を幸せにしてくれるわけではありません。どれだけ、いい思い出として経験できるかがカギとなります。

週末にちょっとした旅行はいかかでしょうか?新たな発見や感動が待っているかもしれませんよ。