やり残してない?2017年中にやっておくべき3つのこと

もうすぐ2017年も終わり…
今年のはじめに立てた目標抱負は、どのくらい達成できましたか?

今回は、2018年を迎えるにあたり、2017年中にやっておくべき3つのことをご紹介します。
後悔のないように、この機会にじっくり自分と向き合ってみせんか。

1.今年1年の棚卸をしよう

OR7D4PANCK-500x333

叶えたい夢があるなら、年に1度は進捗状況を棚卸しましょう。

ただ漠然と、“いつか”を目標にしていると、いつまで経ってもそれらが実現することはありません。

期間を決めて、それまでにやらなくてはいけないことを具体化することがポイントです。

2.結果と原因に向き合う

LU2RIROY5J-500x334

棚卸をしたら、それらの結果はもちろんのこと、できなかったことやらなかったこと原因としっかり向き合いましょう。

できなかったことの原因を明らかにすることで、成すべき方法が見出せるかもしれません。

それとは逆に、やらなかった原因を振り返ることで、本当に自分がやりたいことを見極めることもできるでしょう。

3.“やめる”勇気を持つ

TOY1QC4O5D-500x333

物事と言うものは、やってみて初めて、それらが自分にとって必要なことなのかがハッキリと分かるものです。

だからこそ、自分に合わないものや必要のないことは、潔く“やめる”のが正解。

不要なものを断捨離することで、2018年を新たな気持ちで始めることができるでしょう。