ボブの可愛いヘアアレンジ方法とは?コテを使った巻き方のコツを紹介

更新日:2021年9月15日


ヘアアレンジを楽しみたいけど、ボブだと長さが足りないと思っていませんか?中途半端なようですが、実はアレンジは可能。むしろ長すぎないので、まとめやすいんですよ。

今回はボブの可愛いヘアアレンジ方法を徹底的に解説します。コテを使った巻き方や、うまくアレンジするコツもご紹介しますので、最後までチェックしてくださいね!

ボブのヘアアレンジはできる?


現在ボブにしている方は、ショートからロングへ伸ばしている途中だったり、ロングではトリートメントなどのヘアケアが大変でボブにしている方など、いろいろなパターンがあると思います。

ヘアアレンジをしてみたいけど、「中途半端な長さでは、ねじったりまとめたりするのが難しそう」 「おだんごを作りたくてもボリュームが出ない」 「ピンで押さえられず、短い毛が出てきてしまうのでは?」 そんな印象を持っている方もいるのではないでしょうか?

毛が足りなくて落ちてくる、ピンでうまく止められないという不安がありますよね。 ヘアアレンジに必要なコテも、短くて巻けないのではという疑問もあるはず。


ボブでもコテでアレンジ自在です!

コテ
出典:shutterstock

しかし、ボブでもコテは問題なく使えます!

ロングだと、巻く長さやスタイリングを付ける場所も広範囲になりますが、ボブなら短いので巻くのも短時間で済みます。ブラッシングするのも早いので、ロングほどの長さはなくても、逆に扱いやすかったりするんですよ。

そのために必要なことは、コテのサイズを厳選すること。自分の作りたいスタイルに合わないコテを選んでしまうと、うまくイメージ通りのスタイルが作れず、手間もかかってストレスを感じてしまいます。

最適なコテを選べば、アレンジも断然スムーズにできますよ。


毛先のみ、ワンカールアレンジに最適「32mm」

例えば、毛先だけくるっとさせたい・ワンカールのアレンジをしたい時は32mmがおすすめです。大きめのように感じられますが、きれいな丸みを作るのに最も適しています。

伸ばしてロングになった時にも使えるので、ボブからロングにする予定の方は買っておいて損はないでしょう。汎用性の高いサイズになります。


細かいカールアレンジに最適「19mm」

逆に細かいカールを作りたい方は19mmをチョイスしましょう。外国人風のウェーブや、後れ毛に細かい動きを出したい時など、いろんなスタイルに使えます。

小刻みに使えるので、くっきりと型をつけることができますよ。人と同じようなスタイルは嫌、ちょっと差をつけたいという方にもおすすめです。


こだわりなし!中間アレンジに最適「26mm」

大きすぎず小さすぎないものを求める方には26mmが良いでしょう。応用がきくので長い目で見ると、かしこいチョイスと言えます。

前髪をくるっとさせたい、適度な丸みをつくりたい方には持って来い。特にこだわりがなく、どれを買ったら良いかわからない方はまず26mmを選ぶと後悔しないかもしれません。


作りたいスタイルによってコテの大きさを選び、いろんなヘアアレンジを楽しみましょう。

ボブにおすすめのヘアスタイル5選

ボブにおすすめの具体的なヘアスタイルをご紹介します。どれも難しいテクニックは必要ありません。アレンジの手順をチェックして、なりたいスタイルに挑戦してみてくださいね。

①ボブおすすめのヘア 外はね


ボブのヘアアレンジ初心者さんが最初にチャレンジしたい、外はね。簡単で失敗しづらく、コテの扱いに慣れていない方でも上手に作れます。

肩上の切りっぱなしのボブは、元気でヘルシーな印象ですが、外はねをつくることでさらにキュートに仕上がりますよ。また、ちょっとくびれたようなフォルムを作ることで、小顔に見える効果もあります。顔周りに動きが出て、活発に見せたい方にもおすすめですよ。

【アレンジ手順】
①32mmのコテを使って毛先に巻く
②少しずつ毛束を分けながら外に向くように熱を当てる
③髪全体にスタイリング剤をつけ、ウエット感を出す
④トップの毛をふんわりさせ、スプレーでセットする
⑤表面の毛を少し引き出して、無造作な動きを作る

【ポイント】
コツは、毛束をすべらせながら巻いていくこと。巻き終わりですっとコテを抜くようにすると失敗がありません。 仕上げにはヘアオイルなどのスタイリング剤で少し濡れたようなウエット感を出しましょう。

くしゅっとしたニュアンスのある動きをつけることで、作り込んでいないナチュラルな印象に仕上がります。前髪は薄くシースルーにすると、額が見えてすっきりしますよ。髪色に合わせて、眉やアイシャドウもブラウン系にすると統一感のある表情に。

ちょっと巻くだけで、一気にあか抜けるスタイルです。

②ボブおすすめのヘア ワンカール


ナチュラルでかわいいワンカール。ほんの少しの丸みが、やさしい印象を与えます。くるんとした毛先が、キュートですね。

【アレンジ手順】
①32mmのコテを毛先に巻き、内に向くように熱を当てる
②ハチ周り、後ろ、顔周りで巻き終わったら、手ぐしでよくほぐす
③サイドの毛は軽くワックスを塗り、短い毛が出ないよう抑える
③スタイリング剤で全体をセットし、毛先には少量のワックスを塗りカールをキープさせる

【ポイント】
コテの温度は150℃程度で十分です。毛束を少し上に持ち上げた状態で挟み込むように巻くとうまくいきます。 ポイントはゆるやかな内巻きにすること。顔に触れるか触れないか程度のカールだと自然な印象です。

上品なスタイルなので、オフィスワークにもおすすめですよ。

③ボブおすすめのヘア 無造作


何もしていないように見えて、さり気なくおしゃれな無造作ヘア。しっかりセットした感じではなく、くしゃっとしたくせ毛をそのまま生かしたような、カジュアルなスタイルです。アンニュイで雰囲気のある女子に生まれ変わりますよ。少し耳を見せるのがポイント。

【アレンジ手順】
①26mmのコテを使って、毛先は外巻きを多めに向きを変えながら巻く
②トップの毛は外巻きと内巻きの両方で巻く
③ジェルやワックスを手のひらに揉み込んで、毛流れに表情をつける

【ポイント】
コテの大きさは26mmタイプのものがやりやすいのでおすすめです。ある程度巻いたら、ジェルやワックスで四方八方にくせづけすると、うまく仕上がります。毛先が散らばるよう、ランダムに付けて、鏡を見ながら動きをつけましょう。

難しそうに見えて、やってみると意外と簡単です。アクティブに見えるスタイルで、女子会などにも使えます。コテが苦手な方や忙しい方は、パーマをかけるとやりやすくなりますよ。

④ボブおすすめのヘア ゆるウェーブ


外国人のようなゆるいウェーブは、一気にあか抜けて見えるスタイル。レイヤーを活かし、毛先をしっかり巻いていきましょう。シースルーバングとの相性もバッチリ。パーマをかけたかのようなきれいなウェーブができますよ。

【アレンジ手順】
①ブロッキングして、トップを内巻きにする
②毛先は外巻き・内巻き・波巻きのミックスで巻く
③巻いた髪を軽くほぐす ④手のひらに薄くワックスを伸ばし、毛先を壊さないようセットする

【ポイント】
コテは26mmか32mmを選びましょう。大き目のほうが、毛先をうまくハネさせることができます。また、分け目をくっきりさせずに、ジグザグにとるとより無造作感がアップします。首までの長さがあるので、縦長のラインが作れて、小顔に見せる効果もありますよ

少しだけ耳に髪をかけて、顔周りをすっきりとさせましょう。ふんわりとした雰囲気はおしゃれ上級者を思わせてくれますよ。

⑤ボブおすすめのヘア ウルフカット


頭の形を綺麗に見せてくれるウルフカット。SNSでもよく見かけるため、実はやってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。レイヤーカットと外はねを活かすことで、ウルフカットの良さを引き出しましょう。

毛先を思い切り遊ばせて顔周りにたくさんカールを作ることで、小顔効果は抜群。丸みのあるマッシュウルフに、ぱっつんの重めバングで可愛くもクールに決まります。

【アレンジ手順】
①頭頂部の髪をストレートアイロンで持ち上げて、ふんわりとボリュームを出す
②後ろの髪をコテで外はねになるように巻く
③顔周りを内巻きにする
④襟足を外巻きにして、くせをしっかりつける
⑤ウエットなワックスやジェルで濡れた感じを出す

【ポイント】
まずはストレートアイロンで髪全体のボリュームを出すことが大切です。そして、コテの32mmを使って顔まわりに大きな内巻きカールを作り、襟足を外巻きにしましょう。前髪にはあえてワックスを付けず、毛先のウエット感を強調させるのがポイント。

黒髪に合わせて、アイラインはブラックにするとキリっとした表情に。全体的に丸みがあるマニッシュなシルエットなので、個性的なウルフカットも自然な印象に。髪のカラーが変わると、また違った雰囲気に仕上がりますよ。

ボブの巻き方のコツ

コテの使い方がイマイチわからない方は、意外と多いのではないでしょうか。適当に巻くと、崩れやすくなったり、イメージ通りにならないこともありますよね。

ここでは知っているようで知らないボブの巻き方のコツをご紹介します!

①きれいにブラッシングする

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

まずは髪全体をしっかりブラッシングすることが大切です。特に起きたての朝の髪は寝ぐせなどで絡まっていることがあります。切れ毛の原因になってしまうこともあるので、ダマになった部分をきれいにとかしましょう。

ブラッシングすることで、髪に付着したホコリやゴミ、抜け毛などを落とすことができます。また、頭皮から分泌された皮脂が毛先まで行き届くため、自然なツヤを出す効果もありますよ。

そして何より、一定の毛流れを作りサラサラの状態にすることで、カールがしっかり決まります。毛先からやさしく、無理にひっぱらないように注意しましょう

クッションの効いた大き目のデンマンブラシを使って、丁寧にまんべんなくとかしてください。ブラシはもちろん清潔な状態のものを使ってくださいね。

②分けて巻く

きれいなスタイルを作るには、ブロッキングすることがとても大切です。髪を少ないパートに分けて留めておくことで、バランス良く仕上がります。

クリップを使わなくても、ある程度場所を考慮しながら巻きそびれることのないよう注意しましょう。分けることで巻き上がりが断然良くなります。

トップ、サイド、襟足と順番に分けて巻きます。しっかりと熱を当て、カールを出しフォワードとリバース、交互にして動きのあるスタイルに仕上げましょう。

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

まずはトップの毛を内巻きにします。

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

次にサイドの表面を内巻きにします。髪の中間部分を挟み、コテをギリギリのところまで滑らせましょう。約3〜5秒間ほどしっかりと熱を当て、クセづけします。その後、コテを縦に抜いてください。

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

サイドの毛先を外巻きにして、動きをつけます。顔周りはコテが頬に触れないよう、やけどに注意してください

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

トップの毛をダッカールなどのクリップでとめ、後ろの毛を外巻きにします。後ろは見えないのでやりづらいですが、クリップを使うことで余計な毛が挟まることがありません。ひと手間かけて、しっかり巻くと仕上がりに差が出ます。

③表面を細くとって巻く

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

次に、髪の表面を細くとって巻きます。指先で少しずつ毛束をとって細かく丁寧にカールさせましょう。

④オイルをなじませる

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

ある程度巻いたら、髪全体にヘアオイルをなじませます。ウエット感が出て、カールのキープ力もアップ。

くっきりとウェーブを出すことができますよ。ヘアオイルは取り過ぎるとベタついてしまうので、ちょっと足りないかな?と思うくらいの量を手のひらに伸ばして塗りましょう

⑤トップに高さを出す

ボブの巻き方のコツ
出典:beauty-matome

最後にトップの毛をふんわりとさせましょう。コテを斜めにして両手で握り、1回転半くらい巻きます。

トップにボリュームを持たせることで、高さを出し、バランスが良くなります。ふんわりとした印象で、触りたくなってしまうような質感に仕上がりますよ。

完成!

完成
出典:beauty-matome

動きのある巻き髪が完成しました。巻く前とでは一目瞭然。こなれたおしゃれなヘアスタイルになりましたね。

内巻きと外巻きがミックスされているので動きが感じられます。流行のニュアンスヘアはトレンド感もあり、男女ともウケが良いのでおすすめです。

前髪をおしゃれに巻くポイント

前髪はスタイルを決める上でも大切なポイントです。時間がない朝でも、前髪だけはしっかりセットしたいもの。巻くコツを抑えて、上手に仕上げましょう。

前髪をおしゃれに巻くポイント
出典:beauty-matome

まずは眉上の前髪をとり、内側に巻きましょう
32mmのコテだと、大きくふわっと仕上がるのでおすすめ。しっかりと熱を当てて固定してからコテを外します。

前髪をおしゃれに巻くポイント
出典:beauty-matome

サイドの毛も内巻きにしましょう。コテの先端を指で押さえながらするとやりやすいですよ。
顔周りの毛に動きを出すことで、スタイルがよりおしゃれに決まります。

 前髪をおしゃれに巻くポイント  
出典:beauty-matome  

最後に軽くワックスをつけてできあがりです。ちょっと巻くだけでも、おしゃれ度がぐんと上がりますね。

難しいテクニックはなく、ちょっとしたコツと手間でかわいい前髪が作れます。くるんとカールされた前髪なら、自分に自信を持てそうですね。ぜひスタイリングに取り入れてみましょう。

まとめ

今回はボブの可愛いヘアアレンジ方法をご紹介しました。ボブって実はとっても扱いやすく、ヘアアレンジも豊富にできることがわかりましたね。女性らしさもあり、ボーイッシュにも見える魅力的なスタイルなので、その良さを生かしておしゃれを楽しみましょう。

コテやアイロンなどを使って、いろんなアレンジにチャレンジしてくださいね。

関連記事

ランキング

  1. [PR]「自分らしく輝く、理想の透光素肌へ」スペシャルインタビュー女優・中越典子さん

  2. 1

    ダイソー300円ショップ【THREEPPY】遂に全国91店舗にオープン!

  3. 2

    肩幅を狭くする脅威のストレッチ!マイナス5cmも夢じゃない!?

  4. 3

    「ワークマンさん感謝!」最強新作、これ本当にこの値段でいいの?

  5. 4

    「今買わないと後悔する!」しまむら激売れマルチショルダーが再登場!

  6. 5

    筋肉痛時(運動翌日)の体重増加の謎…解消法教えて!

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. 「もうこれしか無理!」Mame×UNIQLOの他が穿けなくなるパンツ。

  2. 23度の服装はこれ!オシャレな人気のおすすめコーデを紹介!

  3. ちふれの口紅の人気カラーは?コスパ最強のエロリップや定番カラーなどを紹介!

  1. 買えた人羨ましい!しまむらとClassical Elfの「ハニカム柄トップス」

  2. 「本気で使って正解だった!」ツヤがプラスされる☆美容オイルBEST5

  3. 「無印良品って、こんなのまで売っての?」盲点だった舌クリーナー