もうセクシーには戻れない。『○○パンティー』の落とし穴

ランジェリーって不思議ですよね。

セックスの時以外では別に誰にも見せるわけでもないのに、いろんなデザインや柄をついつい集めてしまうもの。

ブラはなかなか値段が張って5000円はゆうに超えるけど、パンティーなら気軽に買えてしまうもの。

気に入った1枚でも仕事かえりに買ったら、その日の気分はウキウキ。

entry-34
出典:card-professor.jp

お得!まとめ買いの絵柄のついたパンティー

もう全国各地でバーゲンも終盤。お気に入りのワードローブにコーディネーションアイテムが増えます。

そして、アンダーウェアのパンティーも!

ところで、ユ○クロでは毎シーズンごとにムーミンやらディスニーやらとコラボした下着がリリースされますね。

なんだか、ちょっと子供っぽいかなと思っても可愛くってつい手が伸びてしまいます。

バーゲンシーズンは何枚まとめ買いしても安いこと。

だから思いっきり、絵柄のついたパンティーを衝動買いしてしまいますよね。

絵柄のついたパンティーの意味するものは・・・

uniqlo_pants0002
出典:ashiyasebihada.com

たくさんまとめて買ったから毎日履かないと、タンスの肥やしになってもったいないからと、日替わりに絵柄のついたパンティーを履いてしまいます。

つい、履き心地が良いからと楽チンのユ○クロのパンティーが病みつきに。

そんなあなたは、今まで履いていたセクシーなTバックなど、もう履けません。

突然のお泊りに、うっかりは禁物!

一度楽なパンティーを履いてしまうと、なかなかミニミニのセクシーレースには戻れません。

でも、男性はセクシーで小さなパンティーが大好き。

うっかり、週末お泊まりデートの時にミッキーのパンツなんて履いていかないように気を付けたいものです。