「上品&素敵♥」オシャレな人がGUで即買いした一着。

たっぷりのギャザーによりふんわり広がるシルエットが可愛い♡と人気を集めているのが、GUの「ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)」です。

プチハイネックでトレンドも押さえたチュニックブラウスは、ラインナップされている全3色とも使える!と言われています。

そこで今回は全3色全てのコーディネートをまとめてご紹介します。

是非自分の好みのカラーを見つけてくださいね♪

合わせやすいブラックの「ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)」


ブラックのギャザーチュニックブラウス&ショルダーバッグ&アンクルストラップサンダル、ライトグレーの入れヘムプリーツスカートのきれいめコーディネート。

ポイント:ギャザーチュニックブラウスのウエストマーク&アンクルストラップサンダルのヒールで、スタイルアップ効果抜群です◎


ブラックのギャザーチュニックブラウスにスキニーデニムをレイヤードし、白のヒールサンダルを合わせた大人カジュアルコーディネート。

ポイント:メタリックなバッグでアクセントを効かせてカッコいい着こなしに仕上げてみて。


ブラックのギャザーチュニックブラウス&チェーンキルティングバッグ&バレエシューズ、カーキのカーゴパンツのシックなコーディネート。

ポイント:メンズライクなカーゴパンツを合わせてカジュアルダウンさせたオシャレ上級者のコーディネートは、是非お手本にしたいですね♪

落ち着いたレッドの「ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)」


レッドのギャザーチュニックブラウスに白のプリーツロングスカートを合わせた、フェミニンコーディネート。

ポイント:ドット柄スカーフを巻いたバンブーハンドルかごバッグを合わせれば、夏のお出かけスタイルの完成です♡


レッドのギャザーチュニックブラウス、ブラウンのプリーツパンツ、オレンジのハンドバッグ、白のフラットパンプスの着痩せコーディネート。

ポイント:暖色系コーディネートにあえて白のフラットパンプスを合わせて差し色に使っている点は真似したいポイントです。

シックなカーキの「ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)」


カーキのギャザーチュニックブラウス、ベージュのサテンロングスカート&ポインテッドフラットシューズによる2色コーディネート。

ポイント:ギャザーチュニックブラウスの共布リボンは、緩く結ぶだけでリラックスムード漂う着こなしにシフトチェンジ出来ます。


カーキのギャザーチュニックブラウス、ブラウンのジオメトリックプリーツロングスカートによるアースカラーコーディネート。

ポイント:アイボリーのドローストリングバッグに黒のスポーツサンダルと小物はモノトーンで引き締めて。


カーキのギャザーチュニックブラウスにピンクのセンタープレスパンツ、ベージュのポインテッドフラットシューズを合わせたきれいめカジュアルコーディネート。

ポイント:ギャザーチュニックブラウスの共布リボンをはずすと、ゆったりとしたシルエットに簡単に変化します!

大人カラーが勢揃い!ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)

派手すぎないカラーで着回しやすい「ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)」はいかがでしたか?

税抜1,990円というプチプラながら、付属の共布リボンをはずしたり、結び方次第で自由にアレンジできる点はコストパフォーマンス抜群です◎

1色に選べない!という方は是非色違いで揃えるのもオススメです。

GU「ギャザーチュニックブラウス(ノースリーブ)」税抜1,990円

関連記事

週間ランキング

  1. 1

    可愛くなりたい人へ!今すぐ簡単に始められる方法を紹介

  2. 2

    「この付録、絶対欲しい!」2色買いしたい”Ungridバッグ”【ムック本付録】

  3. 3

    「付録が可愛すぎてびっくり!」買って損なし雑誌BEST4

  4. 4

    ぶっちゃけクレンジングバームってどうなの?【2021年下半期:おすすめクレンジングバームまとめ】

  5. 5

    「今、選ぶべきはこれ!」美肌さんが使うクレンジングバーム5選

記事を読む

おすすめ記事 最近の記事
  1. ★4.4の高評価!わざわざ買う価値ある、ワークマンのボアコート

  2. 「これ買い逃したら泣く!」遂にMila Owenの高見えバッグが付録に!【ムック本付録】

  3. 【プレゼント】海外セレブ愛用!着けてるだけで褒められる「おしゃれ不織布マスク」

  1. これは売れて当然!セリアで買えるDovボディクリーム、110円ってマジ!?

  2. 「付録のレベルが高すぎ!」今月、買ってよかった雑誌BEST4

  3. 「ジェラピケが付録です!」これ年内に買って後悔しない雑誌に決定!【MORE(モア)2022年1月号付録】