美人はやっている♡痩せるお風呂の入り方6つ

お風呂に入ったら代謝がアップして痩せる、とよく言われますよね。特に冬は寒いので脂肪が固まってしまうので、痩せにくくなってしまうので、お風呂に入るようにしましょう!

しかし、実はお風呂に入るだけでは痩せ効果が発揮できないのです!痩せるお風呂の入り方をご紹介します♪

お風呂に入るだけで痩せる?

ひとり暮らしや仕事が忙しい大人女子は、シャワーで済ませてしまう人も多いですが、お風呂に入るだけで嬉しいダイエット効果があるのです♪

  • 汗が出るのでデトックス効果がある
  • 湯船に浸かると代謝がアップ
  • 血行促進するのでマッサージすると効果アップ
お風呂は体温が上がるので、基礎代謝がアップします。汗が出るので、身体の中の老廃物が外に排出されます。血行促進と合わせるとダイエット効果が高まります!

ただ入るだけじゃダメ!痩せるお風呂の入り方

(1)お風呂に入る前に水を飲む

お風呂では水分が出ていくので、お風呂に入る前に水を1杯飲むとデトックス効果が高まります。お風呂から出た時にもコップの水を飲んでみると良いでしょう。

(2)お風呂の温度は41℃、5分浸かる

お風呂の温度は、身体が温まる41℃がおすすめです。それ以上高い温度にしてしまうと逆効果なので41℃にしましょう。

さらに、その湯船に最低でも5分浸かってみましょう。身体が温まっていきますよ♡

(3)マッサージでデトックス効果アップ

お風呂に5分浸かって、身体が温まったらマッサージをしましょう。

足を開いたり閉じたり、お腹周りや太もも辺りを両手でマッサージすることで固まった脂肪が柔らかくなっていき、老廃物として排出されます。

(4)熱い温度で高温反復浴

1.高温反復浴は、42〜43度くらいの熱めのお湯に2〜3分程度、肩までしっかりとつかります。

2.体が十分に温まったら、一旦浴槽から出て、水分補給をしながら、体を冷ましていきます。

これを5〜6回程度繰り返すと、血管が広がったり縮んだりを繰り返すため、血行促進につながり代謝をアップしてくれます。


(5)ぬるめの温度で半身浴

1.半身浴は37〜39度程度のぬるめのお湯に、みぞおちから下だけつかり、20〜30分程度ゆっくりとつかります。

2.下半身が温まってきたと感じたら、一旦浴槽から出て水分補給をします。

半身浴は、下半身の血液を温めることにより、体を内側から温めていく方法です。湯船につかって上半身に軽く汗をかく程度の入浴が目安となります。


(6)正座でお風呂に浸かるだけ♪

「お風呂で正座ダイエット」のやり方は、その名前の通りお風呂でバスタブのお湯に浸かって正座をするだけ、という超簡単なもの♪

しかもその時間はたったの90秒でOK! 90秒たったら一度足を崩して楽な姿勢になり、再度正座に戻り、を数回繰り返しましょう。バスタブのお湯にゆっくりと浸かることは、ただでさえシャワーに比べてダイエット効果があります。それに加え、この正座ダイエットなら水圧+正座の圧力によってふくらはぎをもみほぐしたような状態になるので「むくみの解消」にも効果アリ◎

さらに、正座によって姿勢や骨盤が安定するので脂肪が燃えやすくなるうえ、内臓が正常な位置に戻るので胃の膨張も抑えられ、過度な食欲を抑えることにもつながると言われています。