ダイエット成功の黄金日って?女性ホルモンを味方にしよう★

ダイエットをしようと決めても続かなかったり、体重が思うように落ちないと思ったことはありませんか?

それって実は女性ホルモンが大きく影響しているから。ホルモンバランスが乱れやすい女性だからこそ、ホルモンバランスを味方にすることでダイエット成功しやすくなるのです♡

痩せにくい女性ホルモンがある!


女性は生理の前後で女性ホルモンが入れ替わります。

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があり、生理のたびに入れ替わっているのです。

黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されている間は、身体がむくみやすくなったり、食欲が増えてしまいます。

つまり、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されているときにダイエットをすると、かなりつらいダイエットになってしまうということ。

女性ホルモン分泌の周期を味方にすることで、ダイエットを成功に導きやすくなるのです♡

プロゲステロンがたくさん出ている月経前には、むくみやすくなったり、たくさん食べたくなったり、眠くなったりすることも。

体調面からみればうれしくない作用もあるのですが、子供を産み・育てる役割を担う女の人ならではのホルモンの作用ともいえるのです。
引用:オムロン


ダイエットをするべき時期は?


大塚製薬さんのデータを見てみると、黄体ホルモン(プロゲステロン)は、生理の1週間前をピークに増減します。

つまり、ダイエットは生理が終わった日を1日として、そこから14日までで行うのが効率的なのです!

特に、生理が終わってから7日~14日は卵胞ホルモン(エストロゲン)がピークになるので、気分がすっきりして集中しやすく、筋トレに向いているのだとか♡

排卵前まではエストロゲンの分泌が続くので、この期間がダイエットに適した「ダイエットチャンス期」になります。

月経までのイライラやむくみがとれて、からだが軽くなり、気持ちも前向きになりますから、エクササイズやダイエットを集中的に頑張るには絶好の時期なのです。

女性特有のこのリズムを上手に活用すると、効果的なダイエットができます。
引用:タニタ

女性ホルモン分泌の周期を味方につけて痩せよう♡


黄体ホルモン(プロゲステロン)が豊富な時期は食事を減らしても運動をしても体重が落ちにくく、モチベーションが下がりやすいです。

逆に、痩せやすい卵胞ホルモン(エストロゲン)が分泌されているときにダイエットを頑張ることで、モチベーションを維持しながら結果を出すことが出来ます。

女性ホルモンが乱れやすいからこそ、しっかりと付き合っていくことでダイエットが楽になりますよ♡