「姿勢改善のプロが伝授!」自宅で簡単骨盤矯正のやり方。

正しい姿勢がボディメイクにおいて重要ということは分かっていても、肝心の正しい姿勢自体がよく分からない… という人も多いのでは?

日本姿勢改善ウォーキング協会代表理事の「山﨑美歩呼(やまさき みほこ)」さんに、家でも出来る簡単骨盤矯正やり方を伺いました◎

多数メディアでも大活躍の山﨑美歩呼さん

家でも出来る簡単骨盤矯正について伺ったのは、一般社団法人「日本姿勢改善ウォーキング協会」の代表理事「山﨑美歩呼(やまさき みほこ)」さん。

筋肉と骨格、体の動きなど理学療法の観点からウォーキングを研究して山﨑さんが考案した独自のプログラム「骨盤腸整ウォーキング」は、新聞やテレビ、Webなど多くのメディアでも取り上げられています。


ウォーキングレッスンに加えインストラクター養成もされている山﨑さん。レッスンは年間延べ7,000人もの生徒さんにレクチャーされているほどの大人気なんです!

山﨑さんによるウォーキングメソッドはモデルさんのような魅せるウォーキングではなく、体の仕組みや筋肉の使い方などを基本に、普段あまり使えていない筋肉を目覚めさせるというもの。

生徒さんの中には、体重がなんと10Kg以上減った方もいるんだとか!!

ボディメイクにとって正しい姿勢がいかに重要か、よく分かりますよね。


歩き方を改める前にまずは立つ姿勢の見直し!

山﨑さんいわく、

「骨盤矯正を受けても、普段の動きや姿勢が悪いと結局元に戻ってしまいます。歩き方を改める前に、まずは立つ姿勢の見直しが大切です。」とのこと。


正しい姿勢作りの簡単なやり方をご紹介しましょう▽▽▽

壁を背に立って、
① かかと
② お尻
③ 肩甲骨
④ 後頭部

この4点を壁につけて立ってみてください。

次に、猫背になりがちな肩の位置を直すため、自然に下ろした手の小指が壁につくくらい肩を後ろに持っていきます。

重要なのは、骨盤が床に対して垂直であることです。



それをチェックするために、腰に手のひらを差し込んでみてください。腰と壁の隙間が手のひら一枚くらいなら骨盤の向きはだいたい床に対して垂直です◎

隙間が大きく空いているなら、骨盤は歪んでいるかもしれません。

これらのポイントを実践した正しい姿勢を、無理なくできることが重要です。習慣化すれば骨盤の傾きが調整され、歪みが改善されます◎

また、骨盤を床に対して垂直にするには背中全体をゆるめることがポイントになります。

背中をゆるめる方法のひとつとして肩甲骨を動かすことをお勧めします。



山﨑さん考案の「タワーエクササイズ」


思いついた時にその場ですぐできる、山﨑さん考案の「タワーエクササイズ」もご紹介しましょう。

① 足を肩幅くらいに開いて立ちます

② スカイツリーポーズ:両腕を頭上に伸ばし、腕をひねって手のひらを合わせ、5秒キープ

③ 通天閣ポーズ:②のポーズで伸びた背筋をキープしながら、両手を肩のラインに持ってきて胸を張り、肩甲骨同士を近付けるようイメージで5秒キープ

③ 福岡タワーポーズ:②で伸ばした背筋と③でキープした肩の位置をキープしながら、腕をまっすぐにおろして5秒キープしましょう

このエクササイズ、とっても簡単なのに効果は抜群!! 2~3セット行っただけで、背中~肩周辺の筋肉が柔らかくなり可動域が広くなったように感じます◎


普段の生活の中で簡単ボディメイク♡


忙しい毎日の中で、わざわざエクササイズの時間を作るのって結構大変ですよね。

山﨑さん考案のポーズやエクササイズでコツを掴んだら、あとはそれを普段の生活の中に取り入れるだけで立派なボディメイクになりますよ◎

上でご紹介した「正しい姿勢」と「タワーエクササイズ」のコツを覚えて、ぜひ習慣化させてみてくださいね!