shutterstock_650684464

”夜トマト”でダイエットとシミ防止!3つの具体的な実践方法

春~初夏、秋~初冬に旬を迎えるトマトは、ただおいしいだけじゃなく、美容と健康にも良い野菜です。

特にダイエットシミの防止に効果あり! ということで、具体的な実践方法を調べてみました。ぜひ、参考にしてみてください☆

夕食と一緒に食べて代謝アップ

8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_s

夕食と一緒にトマトを食べておくと、寝ている間に分泌される成長ホルモンの働きを助け、代謝を上げる効果が期待できます。

特に加工されたトマトは体への吸収率が良く、栄養価も高いので、トマトソースやスープなどに利用したりして、おいしくいただきましょう。

また、トマトに含まれるミネラルには、就寝中に分泌される成長ホルモンのはたらきを活性化する作用があります。
ー引用ーhttp://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/18778

夜のトマトで翌日の紫外線を防ぐ

acc155b29c5aec039f62efbe17fdf74c_s

トマトを食べてから約10時間経つと、リコピンが肌細胞に達して紫外線を防ぐ効果を発揮すると言われています。なので、食べるのならがおすすめ。

また、リコピンには強力な抗酸化作用があるので、紫外線によるシワやたるみ防止にももってこい! 初夏は特に紫外線が強い時期なので、しっかり食べておきたいですね。

トマトには「リコピン」という物質が含まれており、このリコピンは抗酸化作用があり、シミやシワの原因になる紫外線による活性酸素を取り除いてくれるそうです。
外出の10時間前にリコピンを摂ることが有効であると言われています。朝8時頃出掛けるのであれば、夜10時頃に摂取する事で効果を発揮してくれるという事になります。
ー引用ーnews.livedoor.com/article/detail/13308617/

トマトを干すことでビタミンCが増える

bd85dedb953c782dc624d2c06675c3df_s

トマトを干して「ドライトマト」にすると、ビタミンCの含有量が約2倍に増えます。

ビタミンCはターンオーバーと深く関わるコラーゲンの生成を助ける栄養素なので、シミの予防・改善や美肌づくりに役立ちますよ。

なんと、トマトの水分を脱水させる過程で、ビタミンCは約2倍、リコピンは約4倍にまで増えるというのです。
ー引用ーnews-postseven.com


簡単!ドライトマトの作り方

ミニトマトのヘタを取ってよく洗い、水気を切って半分にカットします。ざるなどに重ならないように並べたら、上から虫よけのネットをかぶせて日当たりの良い場所に置きましょう。

このやり方だと完成まで1週間ぐらいかかるので、もっと手軽に作りたい時はオーブンを使った方法がおすすめです。


オーブンで作るドライトマト

洗ってヘタを取ったミニトマトを半分にカットし、切り口を上にしてクッキングシートを敷いた天板に並べます。

全体に軽く塩を振ってから150℃に余熱したオーブンで約15分焼き、そのまま庫内に置いてカラッとしたら出来上がりです。加熱時間は、様子を見ながら調整してみてください。

トマトのパワーを借りて、スリムな体と透明感のある素肌をGetしよう

shutterstock_650684464

トマトは栄養価が高い野菜なので、毎日の食卓にうまく取り入れると、ダイエットや美肌作りの強い味方になってくれます。

飽きない工夫をして続けてみてくださいね。