もっと食べたい=アドレナリン不足かも!食欲を抑える簡単な方法♡

何となく食べてしまう、食欲が止まらない、それは アドレナリン不足のせいかもしれません!

ここではアドレナリンを味方に、食欲を抑える方法をご紹介します。

アドレナリンと食欲の関係

副腎髄質ホルモンの一種であるアドレナリンが出ると、血糖値が上がり満腹中枢が刺激されます。

すると空腹が和らぎ食欲を抑えることができます。

q
出典:weheartit

さらにアドレナリンには脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化する作用が!ダイエットの味方にすべきホルモンなのです。

qq
出典:weheartit


アドレナリンがでるのはこんな時!

緊張したとき、興奮したとき、恐怖を感じたとき、運動をしたとき、夢中になっているとき、怒っているとき、恋をしているとき など

qqq
出典:weheartit


食欲を抑える方法

ここからはアドレナリンの仕組みを利用して食欲を抑える簡単な方法をご紹介します。


1、 キックする

倒したい相手を想像して、思いっきり空中をキックしてみましょう。
敵対心はアドレナリンを出すのに最適。そこに運動も加わるので効果抜群です!


2、 その場ダッシュ

その場で10~20秒間ダッシュしてみて!腕と脚をたくさん動かすのがポイントです。


3、 恋愛シーンを見る

ドキドキするような恋愛シーンを見るとアドレナリンが分泌されます!
ちょっとエッチなシーンを見ても効果アリ◎


4、 激しく呼吸をする

おなか周りを意識しながら激しくスーハースーハーと息をしてみましょう。
深呼吸は副交感神経を優位にさせ、お腹が空いてしまうので逆効果ですよ。


5、 片足立ちに挑戦

片足立ちに30~60秒挑戦!
神経集中、緊張感、運動の効果でアドレナリンが分泌され、空腹が緩和されます。


アドレナリンを簡単に分泌させる方法を知って、食欲を上手にコントロールしましょう!

ダイエット中の方には特におすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。