何も使わず今すぐ実践できる!「食べ過ぎを予防する3つの方法」

ダイエットしたいor太りたくないのに、ついつい食べ過ぎてしまう…と悩んでいませんか?

そんな方に向けて、道具も食べ物も何も使わずにできる、食べ過ぎ予防する方法をご紹介します!

1.手を合わせて「ごちそうさま」と言う

shutterstock_572367103

ご飯を食べ終わったら、必ず手を合わせて「ごちそうさま」と言うルールを身につけましょう。

それが食事終了のサインとなって脳を刺激し、満足感を高めることができます。

また、食材や作った人に感謝することも食事の価値を高めて、食べ過ぎ防止につながります。

実は心を満たすことも、空腹感を消して満腹感を得る一つの方法なんです。



2.「食欲は今だけ!」と思う

eat
出典:weheartit

ご飯を十分食べたつもりなのに、「なんだかまだ物足りない」って思う時ありますよね。

でもそれはニセ空腹の可能性あり。

ご飯を食べることで胃が一時的に活発になっているから、「もっと食べたい」「もっと食べれそう」と思ってしまうんです。

しかし15~30分経つと食べ物が消化されて、「さっきの空腹は何だったの?」と思うくらいお腹が膨れてきます。

ですから、食べ過ぎてしまいそうな時は「この食欲は今だけ!後からお腹いっぱいになって後悔する!」と思い込みましょう。 ちょっと我慢するだけで、食べ過ぎを止めることができるはずですよ。



3.炭水化物を少しだけ食べる

shutterstock_622149995

「炭水化物はダイエットの大敵!」と思って、徹底的に食べるのを避けていませんか?

でも炭水化物も体に必要な栄養素

完全に抜いてしまうと満足感が得られず、いつまでも満たされない気持ちが続いてしまいます。

もちろん炭水化物だけを沢山食べると太ってしまうので、少しだけ食べることが大切。 白米であれば茶碗に半分、食パンなら1/2~1/3枚を目安に食べましょう。

その分、野菜やタンパク質は十分食べてOKですよ。



心を満たして、お腹も満たそう♡

以上、食べ過ぎを防ぐ3つの方法をご紹介しました。

いずれもコストのかからない方法ばかりなので、騙されたと思ってぜひ実践してみてくださいね。