今すぐ始めてみて♡話題の「〇〇ダイエット」3選

毎年何かと話題になるのが「○○ダイエット」と特定の食材しかたべない、その栄養素しか摂らないなどといったダイエット方法が当たり前のように出てきていますよね。

話題となっている「○○ダイエット」を3つご紹介していきます!

ヴィーガンダイエット

そもそもヴィーガンってなに?

出典:PEXELS

ここで初めて聞く方も多いかもしれませんが、ヴィーガンというのは欧米ではベジタリアンと呼ばれており、「植物性食品」だけを食べることです。つまり反対に言えば動物性食品は摂らないということです。

動物性食品とは。

出典:出典名

動物性食品というのは簡単に言うと、その食材が元は動物から作られていたり、摂られていると考えてみてください。そうすると、お肉、お魚、卵、乳製品は動物から頂いているので動物性食品にあたります。

植物性食品を積極的に!!

出典:PEXELS

では、反対に植物性食品ってなんぞや??という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

そこで植物性食品というのは動物性食品の考え方と同じように植物のことを指します。

例えばお米、小麦、野菜、果物です。

気になるヴィーガンダイエットの効果?

なぜ、植物性食品を摂るということでダイエット効果が生み出されるのかというのが皆さん不思議に思うでしょう。そこで詳しくご説明いたします。

過剰な脂肪摂取をしなくなる!


動物性食品には少なくとも脂質が含まれているのが共通点でもあります。

しかし、植物性食品、つまりヴィーガンダイエットをすることによって調理をするにあたっても必要最低限の脂しか、摂取することがないのです。

簡単に説明すると「動物性食品(元々持っている脂)+調理をする油」が、「植物性食品(植物の持っているわずかな脂質)+調理をする脂」になるので脂質の摂取量が少なくなるということですね♪

デトックス効果も期待!


野菜や果物にはデトックス効果のある成分がたっぷりと含まれております。

それだけではなく、お肉やお魚などに含まれる毒素を発生させておりません。

肉や魚は体内で消化されるのに時間がかかります。また肉の過剰摂取は分解、吸収されず、腸内で腐敗し、毒素を発生させます。

食の欧米化が進んだ現代日本人は肉の過剰摂取する機会も多くなっています。「ビーガン」食では肉や魚を取らないことで体内で毒素を発生させず、老廃物を排出するデトックス効果があります。
引用earth-sea.jp


もちろん美容にもいいのでその分むくみの解消にも繋がります。

カリフラワーライスダイエット


カリフラワーライスとは、カリフラワーを細かく刻み、調理したものです。

見た目はまるで白米のようですが、カリフラワーは低カロリー&低糖質&低脂質なため、ダイエット中の主食に最適なんです!

もちろん糖質制限ダイエット中でも、たくさん食べてOKですよ♪

嬉しいダイエット&美容効果も!


カリフラワーにはもともと、ビタミンB群やビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンB群は糖質や脂質の代謝を促進して脂肪の蓄積を防いでくれますし、ビタミンCはダイエット中の肌荒れなどを防いでくれます。

主食をカリフラワーライスにすると、ただ摂取カロリーを抑えられるだけでなく、女性に嬉しい栄養素も補給できるのです♡

その他、食物繊維も豊富含まれているので、便秘が気になる人にもおすすめです!

カリフラワーライスの作り方


  • 水洗いしたカリフラワーを一房ごとに切り分ける
  • フードプロセッサーで細かく刻む
    ※フードプロセッサーがない場合は、包丁で細かく刻めばOK!
  • 食べる分だけフライパンで加熱する
    ※具材を入れて、ピラフや炒飯風に軽く味付けするとおいしく食べられます♪
食べない分はそのまま密封して冷凍保存しておくと便利です。

できあがったカリフラワーライスは、主食の代わりとしていただきましょう。

白米に比べるとパサッとしていますが、食物繊維が豊富なのでお腹に溜まりやすく、満足感も得ることができますよ。

アルカリフードダイエット


アルカリフードダイエットとは、その名の通りアルカリ性の食材を中心に食事をするというダイエット方法です。

アルカリ性:酸性=7:3」になるように食べると特に効果があるそうです。

アルカリ性の食材にはミネラルや食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエット効果が高くなるのです♡

アルカリ性の食材って?

アルカリ性の食材と酸性の食材にはどんなものがあるのかご紹介します。

<アルカリ性の食材>
  • 野菜
  • 果物
  • 油(ココナッツオイル・オリーブオイル・えごま油など)
  • その他(ハチミツ、黒糖など)

<酸性の食材>
  • 肉、魚
  • 炭水化物(ご飯、パン、麺類)
  • 乳製品
  • 油(キャノーラ油・ヒマワリ油・マーガリンなど)
  • その他(砂糖など)

これを見れば、アルカリ性の食材を中心に食べていくと痩せるのが何となくわかると思います!全てアルカリ性に変えるのは難しいので、7:3になるように心がけてみましょうね♡