今度こそ止める!お菓子を無理なく我慢する5つの方法

仕事中ちょっと一息ついた時、夕食後のんびりしている時、ついお菓子に手が伸びてしまうこと、ありますよね。
食べるのはあっという間、そして後悔……分かっていても毎日繰り返してしまう人も少なくないと思います。

ダイエット中はもちろん、そうでなくてもできるだけ控えたいお菓子。
今回はそんな、止めようと思っても止められないお菓子を無理なく我慢する方法、ご紹介します。

今度こそ止める!お菓子を無理なく我慢する5つの方法

large
出典:weheartit



1. 温かい飲み物を飲む
実際にお腹が空いていなくても、喉が渇いていると空腹だと勘違いしてしまうことがあるそうです。
小腹が減ったなと感じたら、お茶などの温かい飲み物をゆっくり飲んで喉の渇きをいやし、気分をリラックスさせましょう。


2. タンパク質を摂る
タンパク質が不足すると、脳内物質セロトニンが減少して甘いものが欲しくなるのだそう。
肉や魚、大豆食品などタンパク質を多く含む食材を食事に取り入れるようにしましょう。



3. 体を動かす
落ち込んだりイライラしたりすると、ついお菓子を食べて気分を落ち着かせたくなります。

そんな時は、軽くストレッチをしたり短時間の散歩をしたりして体を動かしてみましょう。

特に外に出て体を動かすのが効果的、意外なリフレッシュ効果が得られます。

large
出典:weheartit

4. 気分転換する
SNSやブログをチェックしたり、雑誌や新聞を読んだり、好きなことをして気を紛らわせましょう。
別のことに意識が行くと甘いもののことはどうでも良くなってきます。


5. 寝る
夜遅い時間に甘いものが欲しくなったら、ゆっくり白湯を飲んで寝てしまいましょう。

寝る前の甘いものは太る元。十分な睡眠を取ればレプチンという食欲を抑えるホルモンが分泌されて食欲も抑えられるので、早めに寝てしまうと良いでしょう。

睡眠時間は7~8時間が理想的で、最低でも6時間は必要です。

large
出典:weheartit


ダイエット中のお菓子問題。
なかなか克服できない人は、無理なく我慢できるこんな方法を試してみてはいかがでしょう?