睡眠2

睡眠で痩せ体をつくる!!覚えておきたい「3つの数字」とは?

睡眠においてこの3つの数字を意識してみてください!

驚くほど毎日が変わりますよ!

①「眠り始めの3時間」はまとめて就寝

睡眠1
出典:weheartit


大人の睡眠眠り始めた最初の3時間をピークに、次第に浅くなっていきます。

それと同時に成長ホルモン最初の3時間に一気に分泌されます。この3時間の間に眠りの妨げとなるものは阻止しましょう。

また、気持ちよく眠れるように、寝室を清潔に保つことが大切です。 掃除機をかけ、空気清浄機を置くのが効果的だと言えます。カビの原因となる生花や加湿器は置かないようにしましょう。



②「深夜の3時」にはぐっすり眠っているように

睡眠2
出典:weheartit


脂肪燃焼を促進させる成長ホルモンは、夜の10時から深夜3時ごろまでが最も分泌されます。

どんなに夜更かしをしてしまったとしても、深夜3時までには必ず寝ましょう。

先に述べた3時間まとめて就寝を考えると12時にはベッドに入らなければなりません。

更に、深く快適な睡眠を得るために、寝る1時間前、つまり11時には湯船につかることをお勧めします。

体の内部の深部体温が下がり、体が自然と眠る態勢になります。



③1日「7時間睡眠」を目指す

large
出典:「weheartit」

睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモンが過剰に分泌されてしまいます。

睡眠時間と肥満率を比較した論文でも、7時間より睡眠時間が短くなるほど太りやすいというデータがあるので、なるべく1日7時間睡眠はキープしましょう。

また、「寝る前のスマホは、目を疲れさせ眠りやすくなる。」なんてのは真っ赤な嘘。

ベッドに入る、つまり寝る1時間前になったらスマホを見ないようにしましょう。

スマホの画面は緑?青の波長の光、いわゆる眠りにくくさせるブルーライトなので、脳を覚醒してしまいます。