元インストラクター直伝!”本当に正しい置き換えダイエット”

数年前から話題になっている「置き換えダイエット」もしかしたら実際に試したことがある方もいるかと思います。

しかし、置き換えダイエット後にこんなことってありませんでしたか?

「置き換えダイエットをやめたらリバウンドした…」「体重が元に戻った」というマイナスなことが。

今回はそんな結果にならないように正しい置き換えダイエットの方法をご紹介いたします。

置き換えダイエットってそもそも何?

出典:PEXELS

置き換えダイエットとは普段の食生活の中で1食だけ、なにかの食材に置き換えるというダイエット方法です。

特に普段の食事よりカロリーの低いものに置き換えることが重要になります。

置き換えるの食材は?

「カロリーを減らす=食べる量を減らす」ということも重要ですが、その中で腹持ちのするタンパク質に食事内容を変えるということが置き換えダイエットのBestな方法です♡

タンパク質をお勧めする理由は?

出典:PEXELS

先ほども言いましたが、タンパク質は腹持ちが良いということ!

「腹持ちが良い=消化に時間が掛かる食材」というわけです。

そして腹持ちが良い食材には食物繊維が多く含まれるものが多くあります。

併せて腸内環境を良くしてくれます!

ちなみにタンパク質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品です。

置き換えダイエットでリバウンドしない方法とは!?

ポイントは置き換えダイエットの食事から元の食事に戻す間に必ず「復食期間」というのを、もうけてください!

置き換えダイエット中は身体が飢餓状態…

出典:PEXELS


食材を変えるとなると置き換えダイエット中は、栄養素がいつもの食生活に比べて少なくなっている状態です。

そうすると身体が「今は飢餓状態なのかな?」と勘違いを起こします。

その結果、栄養を身体に溜め込みやすい状態を作り出します。これがリバウンドする秘密です。

置き換えダイエットを実践した後、リバウンドを防ぐためには、しっかりと復食期間を作ることが大切です。

よく考えれば分かることですが、置き換えダイエット中はいつもより栄養が少なくなります。

すると身体が「今は飢餓状態なのかも!」と勘違いし、栄養を身体に溜め込みやすい状態を作り出します。
ダイエットde痩せ隊

復食期間はどんなものを食べたらいいの?


吸収力が高い時に高カロリーなものを摂取してしまったらリバウンドに繋がるので、まずはタンパク質や野菜の量を増やして少しずつ炭水化物を取り入れてあげましょう。

例えば夕食を置き換えダイエットから戻すのであれば、「置き換えダイエットの食事+野菜+小さいおにぎり」などと少しずつ栄養素を増やしてあげるのです!

飢餓状態の身体には優しく!

せっかく置き換えダイエットをして頑張った努力が水の泡!!なんてならないように、まずは少しずつ元の食事に近づけるように飢餓状態の身体に優しく食事の量を元に戻してあげてみてくださいね!


これであなたもスリムな身体をGETしましょう♡


元インストラクター:miki soutome