3つのアイデアで効率UPの“ながら美活”!【テレビ編】

たいていの人は、毎日2~3時間くらいは観ているのではないでしょうか。

ついつい時間が過ぎてしまっているということはよくありますが、その時間って勿体なくないですか?

今回は、時間を無駄にすることなく有効活用するために、テレビを観“ながら”で時間効率を上げる3つのアイデアをご紹介します。

1.ストレッチ

shutterstock_688384969

テレビを観ている時は、ずっと同じ姿勢をしがちです。

だからこそ、“ながら”でストレッチを行い、体を動かしましょう。 腕周りの筋肉を伸ばすことで、肩や首のコリが解消され、頭がスッキリします。
また、足の指を伸ばすことで、毛細血管の血流が促され、むくみの解消にも効果が期待できます。

2.ドライブラッシング

shutterstock_690434668

入浴前なら、ドライブラッシングもおすすめです。

ドライブラッシングとは、ボディ用のブラシを使って全身をブラッシングするという美容法です。

マッサージと比べて力が必要ないので、テレビを観ながらでも負担になりません。

血行を促進するだけでなく角質除去もあり、ダイエット美肌作りに効果が期待できます。

3.スクワット

GZUHDFGSCN

余裕がある人は、スクワットにチャレンジしてみませんか。

テレビを観ながらなら、時間や回数を意識することなく、スクワットを楽に続けることができますよ。

「テレビを観ている間はスクワットをする時間」と決めれば、毎日2~3時間は運動できることになり、ヒップアップやダイエットに効果的です。

デキる人はマルチタスクが上手!

shutterstock_555943666

時間は、みんなに平等です。
しかし、どう過ごすかによって、“差”が生じます。

「人よりも抜きん出たい」と思っているなら、マルチタスクを身に付けましょう。

時間効率を上げることができれば、やれることがもっと増え、高みを目指せますよ。