【専門家伝授】「水太りしてない!?」むくみを根本から解消する方法

「足がむくんで重だるい」
むくみのせいで靴下やストッキング、靴を履くのがきつい」
ダイエットをしても体重が減らない」

こんなお悩みをお持ちではありませんか?

むくみがあると足が疲れやすいですし、水太りの原因にもなるので困りますよね。

そこで今回は、理学療法士がむくみの原因を解説するとともに、むくみ解消方法をお伝えしていきます。

ぜひ最後までご覧いただき、むくみを解消していきましょう。

体重増加の原因は水分だった!?

むくみ脚
出典:shutterstock


ダイエットをしても体重が減らない方は、むくみによる水太りが原因かもしれません。

人間のからだの60%は水分でできているのですが、何らかの原因でからだの水分量が増えると、足がむくんだり水太りになったりします。

むくみの原因

むくみは、医学用語では「浮腫(ふしゅ)」といいます。

からだの水分の66%は細胞内にあり、残りの33%は細胞外にあって、血液となったり細胞外液となって細胞と細胞の間を満たしています。

しかし、何らかの原因でこの水分バランスが崩れ、細胞外液が多くなると、むくみが発生します。

細胞外液が多くなる原因のひとつは、血流の停滞です。

運動不足や手足の冷え、長時間同じ姿勢でいるなどの状態が続くと血の巡りが悪くなり、むくみが生じます

また、塩分の多い食事などもからだの水分バランスを崩し、細胞外液を多くするといわれています。

水太り体質を見極めるチェックポイント

水太り体質になりやすいのは以下の条件に該当するような方です。
  • 運動不足の方
  • 長時間立ち仕事の方
  • 手足が冷えやすい方
  • 塩分の多い食事をされている方
  • 水分をよく飲む方
  • おしっこの頻度が少ない方
多く該当する方は、生活習慣を見直してみましょう。

次の項ではむくみの解消方法をお伝えしていきます。

むくみ撃退の方法

むくみを撃退する方法はいくつかあります。

ひとつひとつ詳しく解説していきます。

足の運動をする

足の運動
出典:shutterstock


足の運動、とくにふくらはぎの筋肉を動かすことで血の巡りを改善できます。

以下の運動では、寝転んで足を上げて運動することで、重力によって血液を心臓に戻していきます。

その名も「ゴキブリ運動」です。

方法

  • あお向けに寝ころびます。
  • まずは両足を上げて、ぶらぶらと振動させましょう。
  • 次に、足首を曲げ伸ばしたり、グルグル回したりします。
  • 最後に、足指をグーパ-グーパ―します。

ツボを押す

ツボを押す
出典:shutterstock


むくみに効果のあるツボを押すことでも、むくみの解消が期待できます。

とくに、足のむくみには「湧泉(ゆうせん)」というツボを押しましょう。

湧泉の位置は、足指をグーッと握ったときに足の裏がちょうど窪むところです。

湧泉を押すと水分代謝が促されるので、むくみに効果があるとされています。

食生活の改善

食生活の改善
出典:shutterstock


むくみを改善するには食生活を見直すことも大切です。

なぜなら、食生活によってからだの水分バランスが大きく変化するからです。

塩分濃度の高い食事はからだの水分を増やすことになるので、なるべく控えましょう。

また、利尿作用を高めるカリウムを摂取することも有効です。

利尿作用とは、尿を排出しやすくする働きのことです。

余分な水分をからだから排出してくれるので、カリウムの摂取はむくみや水太りの方にはおすすめです。

カリウムが多く含まれる食材はバナナ、芋類、肉、魚などです。

お風呂でマッサージ

お風呂でマッサージ
出典:shutterstock


お風呂に浸かることは、むくみの解消にとても効果的です。

水圧でからだが圧迫されて水分の巡りが良くなりますし、お湯の温かさで血の巡りも良くなります。

また、第2の心臓とも呼ばれているふくらはぎをマッサージすることで、さらに血行が良くなります。

漢方薬でむくみ改善

漢方薬
出典:shutterstock


漢方薬は、「むくみ」「水太り」など、さまざまな症状に効果が認められています。

「ストレス(気の乱れ)」「水が体内に溜まる(水の流れ)」「ホルモンバランスが崩れる」などを整えて繰り返していた悩みを根本から改善してくれます。

漢方薬なら、自分の症状や体質に合ったものを毎日飲むだけですので、簡単に続けることができるのも嬉しいポイント!

効果と安全性が認められている漢方薬を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

むくみや水太りでお悩みの方におすすめの漢方薬はこちら▼

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

水太りやむくみによってからだがぽっちゃりしがちな方向けの漢方です。

体内の余分な水を排泄してからだを引き締めます。

五苓散(ごれいさん)

胃腸が弱く下痢をしやすい方向けの漢方です。

水の巡りを整える5つの生薬がからだの水分バランスを調節してむくみを改善します。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

下半身の冷えや頻尿、腰痛がある方向けの漢方です。

水分代謝の要である「腎」に力をつけてむくみを改善します。

漢方薬を選ぶ時の重要なポイント

漢方薬を選ぶ時の重要なポイントは、ご自分の状態や体質に合っているか、という点です。

うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合っているのかを見極めるためには、漢方に精通した薬剤師の力を借りるのがおすすめです。

「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

AI(人工知能)を活用した漢方のプロが、個人に効く漢方薬を見極めて自宅に郵送してくれる「オンライン個別相談」が便利です。

むくみを解消して健康的な生活を手に入れよう!

むくみを解消
出典:shutterstock


むくみや水太りには、血行の悪さや食生活が影響しています。

今回紹介した、運動・ツボ・食生活の見直し・入浴などを実践し、むくみを解消していきましょう。

また、漢方薬を取り入れる場合は、個人の体質や体力などを考慮した上で選んだほうが、効果も出やすくなります。

専門家に相談して自分に合った漢方薬を見つけ、からだの内側からもケアしていきましょう。

この記事を書いた人

理学療法士 濱南くにひろ

公立大学を卒業後、病院で理学療法士としてリハビリテーションに携わる。車イスバスケットボールチームのトレーナー経験もあり、医療・福祉・スポーツ分野に幅広く関わる。現在はフリーランスWebライターとして活動中。