忙しい人ほどやって!「ジョギング」の効率的な方法


ダイエットのために運動を始めようと思っても、平日は忙しくて始められない、休みが不定期だから予定が組みにくい、などの理由でなかなか始められない人も多いのではないでしょうか?

そんなひとにこそオススメしたい運動が、「ジョギング」です!効率良く行えば、週1回のジョギングでもしっかりとダイエット効果が表れます。では早速、ジョギングによって得られる効果と効率的な方法について見ていきましょう!

ジョギングで得られる効果

走り1

  • 代謝がよくなる
  • 老廃物を排出しやすくなって美肌になる
  • 情報を遮断できて頭がすっきりする
  • よく眠れる
  • 冷え性改善

ジョギングは、単にダイエットになるだけでなく、美容や睡眠の改善、また万病の元となる「冷え」の解消にもなる万能スポーツです。

効率の良いジョギング方法

<ジョギングをするべき時間帯>

走り2

最も効率が良いのは朝と言われています。睡眠でたくさんのエネルギーを消費しているので、ジョギングを開始する早い段階からエネルギー消費が始まるからです。

しかし、ライフスタイル的に朝が難しい人は無理せず自分の都合の良い時間帯を選びましょう。

<ジョギング前にするべき事>

走り3

ジョギングを始める前に筋トレをすると、脂肪が燃焼しやすくなります。

特にスクワットは太ももが細くなるので、太もも痩せをしたい人はジョギング前にスクワットを取り入れましょう。

<ジョギング時間>

走り4

運動を始めてから脂肪が燃焼し始めるまで20分ほどかかります。

20分でジョギングをやめてしまうと、せっかく脂肪燃焼が始まった途端終わってしまう事になるので、まずは30分以上走る事を目標にしましょう。

慣れて来たら時間をもっと長くすればさらに効果UPです。

<走る速さ>

走り5

脂肪燃焼のためには有酸素運動である事が必須ですので、マラソンと違って速く走る必要はありません。

会話をしても息が上がらない程度、早歩きくらいのペースでもOKです。

脂肪燃焼効果が高いのが『スロージョギング』



スロージョギングとは? スロージョギングとはその名の通り、ゆっくり走るジョギングのこと。

会話できるくらいの速度で走ることで、ひざや腰への負担を軽減しつつも、脂肪を効率よく燃焼できる運動なんです!
スロージョギングは、酸素を使って脂肪をエネルギーに変換する有酸素運動であるため、持久力がつきやすく、スリムな体型を目指せるというメリットがあります。

引用:skincare-univ.com
疲労がたまらない強さですから、誰でもラクに楽しく始める事ができ、継続しやすい運動です。

引用:slowjogging.org

スロージョギングのやり方

スロージョギングは、以下のポイントを守って行いましょう。

  • あごを軽く上げて、姿勢をまっすぐ伸ばす
  • 肩の力を抜いて、軽くひじを曲げる
  • 歩幅は10センチ程度と小刻みに走る
  • ひざを軽く曲げて、アキレス腱を使いながらリズミカルに走る
  • 足の指のつけ根から着地する
  • 会話できるほどの速度で走る
  • 20~30分を目安に走る
背筋を伸ばしてゆっくり走ることと、歩幅を狭くすることがポイント!

また、脂肪を燃焼するために20分以上走るようにしましょう。

ただし30分以上だとオーバーワークになって体に負担をかけるので、走り過ぎには注意してくださいね。

みんなの「スロージョギングで痩せた!」の声