冷えた体を即効温めるには、○○にカイロ

冷え性の人には厳しい「冬」・・・。体がキンキンに冷えてしまって、今すぐあっためたい。

そんな時、カイロの力を借りることもありますよね。でもそのカイロ、貼る場所によってはあまり効果がないことも・・・。

NGな場所は「胸ポケット」

shutterstock_733660066

心臓の付近を直接的に温めるのはあまり良くないとされています。負担になって痛みや吐き気が出ることもあるみたいなので、気を付けましょう。


最も効果が高いのは「お尻」

shutterstock_323936732

身体が冷えて冷えてどうしようもない。そんな時、カイロを貼ると効果的に短時間で体を温める場所があります。それは・・・「お尻」!

デスクワークであればなおさら、下半身の血液もたまりやすく、むくみやすいお尻。お尻を温めるとカラダは早く効率よく温まり、手先もポカポカしてきます。

特に貼ってほしいのは「仙骨」。

カイロがひとつしかないとき、貼ると最も威力を発揮します。仙骨は、いわゆる「尾てい骨」と呼ばれるお尻の骨の、少し上。お尻のわれめの始まりにある骨のちょっと上あたりの逆三角形の骨を言います。

サーモグラフィーによる実験で、背中の中央・腰・仙骨にカイロを貼って検証したところ、仙骨に貼った場合が最も体が温まったそうです。


冷え性だけじゃなく、ダイエットにも!

shutterstock_774025156

仙骨の下には、骨盤内蔵神経という副交感神経が通っているので、内蔵がよく温まります。さらに、内臓が温まることで体温が1℃上がると、基礎代謝量は約12%もUP。

仙骨を温めることは、ダイエットにもつながっていくのです。

また、婦人科系の疾患や生理痛の予防にもなるそうなので、まさに一石二鳥。

たった一枚のカイロがあったら、迷わず「仙骨」にペタリ。冷え性さんはこれで冬を乗り切ってくださいね!