shutterstock_268782527

効率もメリットもかなり違う!運動する時間帯の選び方

健康維持のためにもダイエットのためにも、運動は大切です。

でも、せっかく運動するならできるだけ効果的な方法でやりたいですよね。

そこで今回は、自分に合ったタイミングを見つけるための、時間帯別のメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

朝の運動で代謝アップ!

shutterstock_246869611

朝に運動するメリットは、とにかく効率が良いことです。


○脂肪燃焼効果が高い

血糖値が低く代謝の上がりやすい朝の運動は、脂肪を燃焼しやすいのでダイエットにピッタリ。

朝のうちに代謝を上げておくと、その日1日、代謝の高い状態をキープすることにもつながります。


○生活のリズムが整う

朝日を浴びて体内時計がリセットされることで、体が覚醒して生活のリズムが整います。

それとともに幸せホルモン「セロトニン」が分泌され、セロトニンの働きで脂肪燃焼効果が高くなり、より痩せやすい状態になります。


逆に、朝早起きする必要があり、時間的余裕ができにくいというデメリットもあります。

寝るのが遅くなりがちな生活では、毎日早起きするのは結構辛いという人も多いはず。

また、寝起きですぐに全開で運動しにくい、エンジンが掛かりにくい、という問題もあります。

夜運動は自分のペースで

shutterstock_268782527

夜運動には、消費カロリーの少ない夜間にエネルギーを消費して溜め込みにくくするというメリットがあります。


○夕食の摂取カロリーを消費

夕食で摂取したカロリーは、その後あまり活動することもないため、消費することなく溜め込んでしまいがちです。

でも夜に運動をすることで夕食の摂取カロリーを消費することができ、太りにくくなる効果が期待できます。


○時間がある

夜は時間に余裕があり自分のペースで運動ができるので、習慣に組み込みやすく続けやすいというメリットもあります。


○リフレッシュ

夜の運動は、気分をリフレッシュさせるのにも効果的です。

好きな音楽を聞きながら走ったり、テレビを見ながらストレッチや昇降運動をするなど、楽しみながら運動すると続けやすいですね。


○寝付きが良くなる

寝る前2時間頃までに30分程度の軽い運動をやると、体温がゆっくり上がって寝付きが良くなるというメリットも。

十分な睡眠は成長ホルモンの分泌や代謝のアップに欠かせないので、美肌やダイエットの面でも役立つといえます。


デメリットは、朝と比べて脂肪燃焼の効率が悪いことです。

朝より代謝が落ちているので、消費効率を重視するなら夜の運動は適していません。


運動はやる時間帯によってメリット・デメリットが大きく変わります。

自分の目標や生活スタイルを考慮して、自分にあった方法を見つけてくださいね!