shutterstock_754671454

デスクワークだって痩せる!超簡単ダイエット呼吸術

デスクワークは太りやすい、と言われていますが、それはずっと同じ姿勢で体を動かす機会が少ないから。

しかし、それだけではないのです。デスクワーク中の呼吸も、太りやすい体質の原因と考えられています。

今回は、デスクワーク中に簡単にできる、ダイエット呼吸術をご紹介!頭もスッキリするので、仕事の能率もアップしますよ♪

長時間のPC作業で呼吸が浅くなると・・・

shutterstock_697710454

デスクワークでは、長時間パソコン作業をしますよね。

パソコン作業に集中し続けると、無意識に呼吸が浅くなり、体内に取り入れる酸素が少なくなります

酸素は、エネルギー消費に欠かせないもので、脂肪燃焼にいい有酸素運動も、酸素を取り込みながら運動することで、エネルギーを消費します。

有酸素運動は、読んで字のごとく酸素を必要とする運動です。体内に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーを生み出します。

負荷は軽度~中等度なので、長い時間の継続が可能なのが特徴です。代表的なものには、ウォーキングやジョギング、水泳、縄跳び、サイクリングなどがあります。



つまり、普段無意識に浅い呼吸をする時間が長いほど、取り込む酸素量は少なくなり、エネルギーが消費されにくくなるのです。

エネルギー消費量は酸素摂取量と比例するので、運動強度とエネルギー消費量が比例するなら、運動強度は酸素摂取量とも比例します。 引用 –nakajima-bonesetter

デスクでできる!腹式呼吸で代謝促進♪

深い呼吸で脂肪を溜め込まない体づくり

large (90)

呼吸を意識して、浅い呼吸から深い呼吸を心がけましょう。

深い呼吸で酸素をたっぷり取り込む癖をつければ、エネルギー消費がしやすくなり、脂肪がつきにくくなります。

また、ウォーキングやジョギングなど、本格的な有酸素運動をしなくても、日常のちょっとした動きのエネルギー消費量もアップ!

猫背も改善♡腹式呼吸のやり方

shutterstock_754671454

腹式呼吸は酸素をたっぷり取り込めます。

腹式呼吸をするとき、姿勢を正しく整えるので、猫背のくせもリセットされるようになるんですよ!

まずはデスクワークの休憩中に、慣れてきたら作業中にもこまめに腹式呼吸に切り替えましょう。

【腹式呼吸のやり方】
  • 背筋を伸ばし、椅子の背もたれに背中をつけずに座る。

  • お腹を膨らませながら、ゆっくりたっぷり鼻から息を吸う。

  • お腹をへこませながら、ゆっくり口から息を吐く。息を細く吐くイメージで行う。



デスクワーク中にダイエット!呼吸術で体も心もスッキリ♡

深い呼吸は、エネルギー消費量のアップだけではなく、頭がスッキリしたり、イライラが解消される効果もあります。

仕事の集中力もアップするので、ダイエットしながら仕事もしやすくなるんです♪

デスクワーク中の腹式呼吸で、脂肪を溜め込まないやせ体質を育てていきましょう♡