食事制限なしでOK!知るべきは「痩せる食べ方のコツ」

無理な食事制限や慣れない運動で溜まったストレスを甘い物やドカ食いで発散…なんてことしていませんか?

実はストレスを溜めないダイエット法はとっても簡単なことだったんです!

ダイエットに最も大切なのは「食べ方」

large-11
出典:weheartit

痩せる=食べないは大昔の話。食事から得られる栄養素は、ダイエットをする上で重要な働きすることがわかっているんです。

でも何かを摂取すればそれだけ体重は重くなります。

ではどうすれば良いのか。

答えは「食べ方を変える」だけなんです!


痩せる「食べ方のコツ」とは

large-1-2
出典:weheartit

人間の脳は食事を始めてから20分経つと、身体に「お腹がいっぱい!」と指令を出すのです。

つまりきちんと食事を摂っていても、食べる量を減らしてゆっくりと食事をすれば自然と摂取カロリーを減らすことができるんです。


ゆっくり食べても揚げ物や甘い物はダメ?

large-2-2
出典:weheartit

時間をかけた食事は、量を減らしてカロリーをカットするということなので、たとえ量が少なくてもカロリーの高い食事ではあまり効果は得られません。

ただし、これは夜に食事をしたときの話。

もしカロリーの高いものやお腹いっぱい食べたいときは朝10時~夕方17時までの間に食べましょう。

日中は比較的体を動かすことが多く血糖値が下がりやすい、つまり太りにくい時間帯なのです。

揚げ物や甘い物は早い時間に食べれば問題ありません◎


空腹を紛らわすために水を飲みすぎるのはNG!

large-3-2
出典:weheartit

1日2Lの水を飲むことで肌がキレイになるというのは知られた話です。

じゃあお腹が減ったら水を飲めば一石二鳥じゃない?なんて思わないように。

空腹時に大量に水を摂取すると胃の働きが弱まり消化不良を起こす原因に。

胃が正常に動いていないと代謝が悪くなるので、結果太りやすい体質になってしまうのです。


無理をしないことがダイエットの一番の近道

large-4-2
出典:weheartit

しっかり食べてしっかり運動すれば健康的に痩せるかもしれません。

けれどそれをストレスに感じてしまったらダイエットは決して成功しません。

ダイエットに最も大切なのはストレスを溜めないこと。

そのためにまずは「食べ方」から改善していきましょう。

ちょっとした食べ方の コツを掴んでダイエットを成功させましょうね!