shutterstock_390493069

暑過ぎ!クーラーつけて寝るは美容的にOK?【快眠の新常識】

皆さん、最近の暑さのせいで寝不足ぎみになっていませんか?

でも睡眠不足だとホルモンバランスが乱れて過食しやすくなるうえに、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

そこで注意したいのが、クーラーの使い方。

夏の快眠を叶えるために、クーラーをどのように使えばいいのかチェックしておきましょう!

クーラーはつけっぱなしのほうが快眠できる!

shutterstock_390493069

「クーラーをつけっぱなしにして寝ると体に悪い」という話、皆さんも耳にしたことがあるのでは?

でも最近では、「クーラーをつけっぱなしにしたほうが、寝苦しさや寝汗が抑えられて快眠できる」といわれているんです!

睡眠の質を上げて疲労を回復するには、まずは寝汗を押さえることが大切。(中略) タイマーの場合、切れるとすぐに室温が上がって、またたくさんの寝汗をかいてしまうことがあります。

そういう場合は朝までエアコンをつけっぱなしにしておくようにしましょう。

引用:suiminkaigi.jp

快眠のためにはクーラーの温度設定に要注意

shutterstock_222438730(1)

ただしクーラーの温度設定には要注意。

設定温度が低いと、体が冷えすぎて目が覚めてしまいます。

また、冷えによるホルモンバランスの崩れまで招いてしまうこともあります。

クーラーをつけっぱなしにするときは、28~29℃ぐらいの高めの温度に設定しましょう。

クーラーの風を直接当てない・扇風機を併用する

shutterstock_336637610

快眠するためには、クーラーの風を直接体に当てないことも大切。

風向きを調節したり、扇風機で空気を循環させるようにしましょう。

扇風機の風は、壁に当てるように設定することがポイントですよ!

エアコンを28~29℃に設定し、扇風機を併用すれば眠りに最適な室温に。

引用:sawai.co.jp

クーラーを使って夏のキレイを保とう

睡眠不足は肌荒れやニキビの原因にもなります。

美しさを保つためにクーラーを上手に使って、夏の快眠を手に入れましょう!