shutterstock_647375872

”カサ増し”で楽痩せ!ご飯の量を抑える低カロリー具材5選

ダイエットをしているとご飯のカロリーが気になりますが、たまには思いっきり食べたい!という時もありますよね。

そこでおすすめなのが、低カロリー具材を混ぜ込んでカサ増しをする方法。それほど辛くなくダイエットできるので、ぜひ試してみてください☆

こんにゃくで食物繊維も補給

ご飯の量を抑える低カロリー具材

こんにゃくには「グルコマンナン」と呼ばれる水溶性の食物繊維が含まれており、胃の中で膨らんで満腹感を与えてくれます。

食べすぎが防止できる上、腸の掃除もできて一石二鳥。板こんにゃくを細かく刻むのが面倒という場合は、糸こんにゃくや白滝を適当な大きさに切って使うと簡単ですよ。

もち麦で血糖値の上昇を抑える

ご飯の量を抑える低カロリー具材

もち麦も、こんにゃくと同じく食物繊維が豊富。さらに、血糖値の上昇を緩やかにしたり、脂質や糖質の吸収を抑えたりする効果が期待できるので、ダイエットにはもってこいです。

白米に適量を混ぜて炊くだけなので、面倒な下ごしらえがいらないところも便利。ただし、上手に炊き上げるため、浸水時間は必ず30分以上とるようにしてください。

寒天でご飯の味もレベルアップ

ご飯の量を抑える低カロリー具材
出典:instagram

ご飯に寒天を加えて炊くと、つやつやとした光沢が出てもっちりとした食感になります。寒天が水分を吸うので、少し水を多めにするのがポイントですよ!

寒天はお腹の中で膨らむから満腹感を得やすいし、血糖値の上昇も緩やかになるので、ダイエットに向く食材です。

大根を加えてカサ増し&脂肪燃焼

ご飯の量を抑える低カロリー具材

大根に含まれる「リパーゼ」と呼ばれる酵素には、脂肪の分解を助ける力があります。小さめの角切りにして加えれば満足感があり、食べすぎ防止にも役立ちますよ。

えのきで余分な脂肪の吸収を抑制

ご飯の量を抑える低カロリー具材

えのきに含まれる「キノコキトサン」という成分には、脂肪分を含む食品に膜を張って腸へ吸収しにくくする作用があります。

また、食物繊維や脂肪を燃やすエノキタケリノール酸などの栄養素も含むので、ダイエット効果は大いに期待できます。

カサ増し食材を賢く使い、ご飯を思いっきり食べよう☆

血糖値が上がりやすいご飯も、カサ増し食材で摂取量を減らせば大丈夫です。さらにそれぞれの具材が持つ栄養素によって、脂肪燃焼作用などの効果が期待できるのは一石二鳥!

無理に我慢をしなくても十分な量が食べられるので、リバウンドもしにくいですよ。