暴飲暴食なかったことに!?食べ過ぎた翌日に摂るべき食材3つ

食べ過ぎた日の翌日は後悔が先立って「今日は何も食べないでおこう…!」と思っちゃいますよね。

でも何も食べないのは体に毒。体が飢餓状態になり、かえって脂肪が蓄積されやすい状態になってしまいます。

「じゃあ何を食べれば良いの?」とお悩みの方に、食べ過ぎ リセットする 効果のある食べ物をご紹介します!

1.こんにゃく

shutterstock_367774799

こんにゃくに含まれる食物繊維は腸を刺激し、老廃物の排出を促してくれます。

つまり食べ過ぎてしまった糖質や脂質を、体の外にポイッと捨ててくれるのです。

ちなみにおすすめの食べ方は『糸こんにゃく』を野菜と一緒に調理して、パスタや焼きそばのように食べること。

けっこうガッツリ食べられるので、しっかりと満腹感を味わえますよ。



2.海藻類

shutterstock_682056631

ワカメや海苔などの海藻類には、カリウムが豊富に含まれています。

カリウムは体内の余分な塩分を排出させる効果があるため、食べ過ぎによるむくみを予防し、代謝が低下するのを防いでくれます。

なお、海藻類もローカロリー&食物繊維豊富なので、食べ過ぎた翌日にピッタリの食材です。 サラダや味噌汁などに入れて美味しくいただきましょう。



3.納豆

shutterstock_797584267

納豆には、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB1とビタミンB2が豊富に含まれています。

つまり納豆を食べることで、食べ過ぎたものをエネルギーとして素早く利用し、脂肪の蓄積を防ぐことができるのです。

しかも納豆は食物繊維とカリウムも豊富なんですよ。 「食べないと損!」と言える食品ですね。



食べ過ぎた翌日こそ”太るか太らないか”の勝負時!

mmm
出典:weheartit


以上、食べ過ぎた翌日にオススメの食べ物をご紹介しました。

要するに食べ過ぎをリセットしたいなら、食物繊維・カリウム・ビタミンB1、B2を摂ることが大切なんです。

食べ過ぎた翌日だからこそ必要な栄養素を補給して、効率の良いダイエットを進めていきましょう!