マヨネーズはもう古い?話題の「アボネーズ」の作り方

マヨネーズはコクがあってとてもおいしいですが、カロリーが高いのがネック。

油を使わずに作れる「アボネーズ」で、ヘルシーな食生活を送りましょう♪

作り方と栄養素をご紹介します。

アボネーズの上手な作り方


アボネーズは市販品を購入することもできますが、簡単に作れるのでぜひ手作りにも挑戦してみてください。

<アボネーズの作り方>
  • アボカドの種と皮を取り除き、適当な大きさに切る。
  • ミキサーにアボカド、酢(大さじ2ぐらい)、塩こしょう少々を入れ、なめらかになるまで攪拌する。
  • 密閉容器に移し、冷蔵庫で保管する。
好みで、はちみつ、レモン汁、マスタードなどを加えてもおいしいです。

日持ちしないので、できるだけ早く食べきりましょう!

アボネーズに含まれる栄養とは?


アボカドには脂肪分が多いですが、体に良いタイプの脂肪なので摂っても問題ありません。

アボカドにはリノール酸やオレイン酸、リノレン酸といった不飽和脂肪酸が含まれています。

これには悪玉コレステロールを抑える働きがあるので、むしろ体にとっていい働きが期待できるでしょう。
引用:imc.or.jp

「世界一栄養価の高い食材」としてギネス記録に認定されているアボカド。

特にビタミンC・B2・Eなど女性にうれしい栄養素が多く、「食べる美容液」ともいわれています。
引用:style.nikkei.com

脂質の取りすぎにならないよう食べすぎには注意が必要ですが、「森のバター」とも呼ばれる栄養豊富なアボカドを材料として使うことにより、美容や健康に良い効果が得られやすくなります。

アボネーズ活用おすすめメニュー


↑焼いた豆腐×アボネーズのヘルシーコンビ。

食欲のない時もつるっと食べられそうです。



↑アボネーズをディップとして食べるのは鉄板の使い方ですね。

おいしくて、新鮮な野菜がモリモリ食べられる!



↑パンやクラッカーなどの上にのせるだけ。

具材を加えて、いろんなアレンジが楽しめそうです。

ヘルシーで栄養たっぷりのアボネーズを食べよう☆

筆者はかなりのマヨネーズ好き(特にキューピーマヨネーズ)ですが、太ってしまったこともあり、カロリーが気になっていました。

アボネーズなら一般的なマヨネーズよりもカロリーを抑えられそうなので、ぜひ作ってみたいと思います。