菌ケアドクター伝授!「免疫力をアップさせるための菌ケア方法」

KINS(キンズ)は総合的な「ケア」サービスを展開している会社です。

今回はそんなKINS代表であり菌ケアドクターでもある下川さん伝授の「免疫力をアップさせるための菌ケア方法」をご紹介します。

健康や美容に気を使っている意識が高い方は、ぜひ参考にしてください!

意識的に「良い菌」を食事などで摂取する


免疫力を高めたり健康をキープしたりするためには、腸内環境を整えておくことが非常に大切です!

腸内環境を改善させるために手軽にできることとしては「発酵食品を意識的に食べること」が挙げられます。

納豆・お酢・ぬか漬け・味噌などは、身近にあって日々の食事にも取り入れやすい、おすすめの発酵食品です。



どうしても不足してしまう方や、さらにプラスしたい方は、サプリメントやKINS(キンズ)の「KINS ESSENCE」のようなものを取り入れるのもおすすめですよ。

■KINS ESSENCE:乳酸菌生産物質とグレープフルーツ種子抽出物によって作られている乳酸菌エッセンスです。

厳選された21種類の乳酸菌にオリジナル豆乳をプラスすることによって作られた乳酸菌生産物質が使用されており、手軽に乳酸菌が摂取できます。

菌を活性化させるような食べ物を取り入れる


良い菌を取り入れるのはもちろん、取り入れた良い菌を活性化させる食べものを食べることも大事ですね。

特に水溶性食物繊維は積極的に摂取しておきたいところ。

身近にあるものとしては、海藻類やオクラなどがおすすめです。

他には菌の餌となる「難消化性オリゴ糖」や「難消化のでんぷん(レジスタントスターチ)」や「ポリフェノール」などもしっかり摂取すると◎

悪玉菌の餌になるようなものをできるだけ食べない


最後に、悪玉菌の餌になるようなものを極力控えることも大事ですね。

特に人工甘味料は悪玉菌の好物なので、普段の食事ではできるだけとらないように心がけてください。

もちろん完璧に絶つのは難しいと思いますが、量や食べる回数を減らすことは、今日からできるはずですよ!


今日から取り入れたい「免疫力をアップさせるための菌ケア方法」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

美容と健康のためには、食生活が非常に重要です。

この機会に、毎日食べるものにも、より一層気を配るようにしてみませんか。


■公式: https://yourkins.com/

掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。