え!夜に温めて食べる!?【ヨーグルトの効果を上げる3つのこと】

便秘解消、美肌、免疫力アップなどに役立つと言われているヨーグルトですが、選び方や食べ方によって効果が違ってくるってご存知でしたか?

せっかく食べるなら、その力をとことん生かしきらないともったいない! 上手な取り方をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.自分の体質に合った菌を選ぶ

shutterstock_626168066

スーパーやコンビニで売られているヨーグルトには、それぞれ異なる特徴を持つ菌が使われています。

そのため、他の誰かに合う菌が自分とも相性が良いとは限らず、合わないものを食べ続けると下痢をしたり、目指す効果が得られなかったりすることがあるのです。

自分に合うヨーグルトを選ぶには、同じものを1~2週間ぐらい続けてみて、体調や肌がどう変わるかということをチェックしてみるのがおすすめ。

便通が良くなったり、肌の調子が良くなったりといった良い変化があれば、それが自分の体に合った菌ということです。

2.40度ぐらいに温めて食べると効果アップ!

0023992c27cbab3cdaf8ff4a6ec34b99_s

ヨーグルトは温めて40度ぐらいにするとさらに美容・健康効果がアップすると言われています。

温め方は簡単で、電子レンジに入れてチンするだけ! 500Wなら1分10秒、600Wなら1分ぐらいが適当ですが、機種によっても多少変わってくるので注意してください。

温めた時、ヨーグルトが分離していたら温めすぎ。ヨーグルト200gに対して大さじ2杯程度の水を加えると分離しにくくなりますよ。

3.夜のヨーグルトが腸の働きを活発にする

ba8fa489b6cf9baa21112afd259bd2bb_s

腸にはゴールデンタイムがあり、夜中の12時頃になると動きが活発になると言われています。

そのため、3時間ぐらい前にヨーグルトを食べておくと整腸作用をより発揮しやすく、便秘や肌荒れの予防・改善に役立つのです。

ヨーグルトで手軽にキレイ習慣を始めよう☆

ヨーグルトを使った美容・健康法は、とにかく簡単なのが嬉しい! 温めるのもレンジにお任せなので、忙しくても手軽に続けることができます。

成功のコツは、自分に合った菌を見つけること、温めて食べること、タイミングに注意すること。

フルーツをトッピングするなどアレンジもしやすい食材なので、ぜひ楽しく続けてみてくださいね。